ブログ

河合塾全統模試

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

河合塾全統模試(早稲田大学)

河合塾全統模試(早稲田大学)

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

本日、早稲田大学で、河合塾全統模試が行われました。

試験の後、大勢の高校生が訪ねてきてくれました。

 

河合塾全統模試(早稲田大学)

河合塾全統模試(早稲田大学)

 

記述…文章に書き記すこと。また、書き記したもの(広辞苑)

 

今日、高校1年生、2年生と話したのは、以下のような内容でした。

マーク模試であろうと、記述模試であろうと、

自分が本当にわかっているかではなく、

出題者が正解として用意しているものがわかり、制限時間内に当ててあげればいい。

問題処理をしながら、どの段階で正解がでるように作ってあるのか、

どの段階で考えることをやめて、次の問題に移ればよいのかなど、

問題作成者の思考に合わせて動けばよいのです。

 

河合塾全統模試(早稲田大学)

河合塾全統模試(早稲田大学)

 

ここで大事なことは、「試験の世界」と「学問の世界」は違うということです。

※入学試験や模擬試験は、誰が、どういう目的で作成しているのかを確認すれば、

すぐにわかります。

試験の後、疲れているのに訪ねてきてくれた高校生は、

このことに、気がついている子たちばかりでした。

 

「大人が作り上げた『試験』という世界に縛られずに勉強したい」と

言ったのは、高校1年生の女の子でした。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田中学校入学試験

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田中学校入学試験

早稲田中学校入学試験

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

本日、早稲田中学校の入学試験が行われました。

お子さんが受験をしている間に、大勢のお母さま方が、

受験対話総合研究所を訪ねてきてくれました。

 

ちょうど慶応義塾大学の学生たちがいて、お母さま方と愉快で有意義な時間を持てました。

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

学生たちは、自分の母親より十歳くらい若いお母さま方と、

初対面でもちゃんと話ができました。

 

今の人たちは、こういう力を「コミュニケーション能力」と言います。

しかし、「コミュニケーション」とは、いったい何のことなのか?

「コミュニケーション能力」とは、どんな能力のことなのか、わかりません。

 

この講座で学んでいる慶応義塾大学の学生たちは、

「雑談」「歓談」「懇談」「世間話」「噂話」と、

「談」や「話」の勉強をし、訓練してきています。

だから、初対面の大人と、信頼関係を築ける話ができるのです。

 

大学生の中には、受験生のお母様と話をしていて、意気投合して、

お子さんの受験が終わったら、ご主人(有名な方です)を紹介してもらえる

という学生もいました。

「縁」というのは、どこにあるのか、わからないものです。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、慶応義塾大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

朝日新聞編集委員・松下秀雄氏の文章

朝日新聞編集委員・松下秀雄氏の文章

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

本日、東京大学の学生たちとの勉強会がありました。

休憩時間に話題になったのは、朝日新聞編集委員の松下秀雄氏の

『政治断簡 日本は誰の国なのか』という文章についてでした。

※断簡…きれぎれになった書き物(広辞苑)

 

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

松下さんは、この文章をどのようにして書き上げたのか、

東大生たちは、すぐに読み取りました。

なぜ、こう書いたのか。どうして、こういう文章になったのか。

松下さんの「思考スタイル」や「文章観」「文章技術」「記者としての誇り」など、

的確に読み取ります。

 

講座で学生を見ていると、

東京大学の学生がすごいのは、何でも「教材」にしてしまうところです。

たとえば、良くない先生は、反面教師にする。

どんなものからでも、何かしら学んでいる。

地方出身の東大生に、ものすごい学生がいると言われているのも、よくわかります。

読み手のみなさんは、この「ものすごい」の中身が気になるでしょう!

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、東京大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

日本女子大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

日本女子大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

日本女子大学入学試験

日本女子大学入学試験

 

受験対話総合研究所では、

日本女子大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

今日は、日本女子大学の入学試験がありました。

入試の後、坂を下って来てくれた親子のみなさん、

本当にありがとうございました。

 

日本女子大学の学生のための就職準備「日本語」講座

日本女子大学の学生のための就職準備「日本語」講座

 

今日は、楽しい親子に会いました。

お母さまは、誰もが知っているとても有名な方です。

日本女子大学の入試問題ではないのですが、

話題は、娘さんが高校時代に書かされた小論文のことになりました。

 

「だいたい、高校生に、こんな題で論じなさいというのは、

どうかしています。高校生が、自分の体験に基づいて論じることは、

不可能です。高校の先生に、採点済みの小論文を見せてもらいましたが、

どれもこれも、高校生が幼い頭で考えたことやどこかに書いてあったこと

ばかりで、うんざりしました」と、

ここからが、すごい話だったのですが、とても書けません。

 

大辞林

大辞林

 

お母さまは、そんな言語環境で育った娘さんの「日本語力」を何とかしなければ、

と訪ねてきてくれました。

ウチを来てくれるお母さまは、みなさん迫力がある。

 

「そうでしたか。だいたい論じるとなると、考えていることや、

頭にあることを書くことになります。

ところが、そういうことは、よほどの天才は別として、

みんな似たり寄ったりなものなのです」と私が言ったら、

 

ここから、文章の大原則の話になり、盛り上がりました。

 

本当に楽しかった!

来てくれた他の親子も、この話が聞けて、大満足のようでした。

 

みんな、待ってるよ!

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   日本女子大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、日本女子大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、日本女子大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

朝日新聞編集委員・秋山訓子氏の文章

朝日新聞編集委員・秋山訓子氏の文章

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

今日は、新入生たちの授業がありました。

※ 新入生とは、AO入試や推薦入試の合格者たちです。

休憩時間に、朝日新聞編集委員の秋山訓子氏の文章を読みながら、

「充実した大学生活を送るための姿勢」についておしゃべりをしました。

秋山さんの文章から、「大学生活の姿勢」を学べる高校生は、まずいないでしょう。

秋山氏は、大切なことを教えてくれています。

 

慶応大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

この話とは別ですが、

毎年この時期、新入生に言っているのは、「闘うことを恐れるな」ということです。

高校までの学校秀才は、自分が評価を受けるものに関して、

評価されるレベルで、大人の言うことに素直に従ってきています。

 

でも大学生になったら、これまで自分が受けてきた教育を振り返り

大人たちは、なぜ、こういう教育を行っているのか、

※ 大人は、子どもたちに「何を教え」「何を育てて」いるのか?

※ キミの目に、いまの大人の姿はどう見えるのか。

自分は、この教育から、どのような影響を受けているのかを分析する。

これが、大学での学びの出発点になります。

 

みなさん、やってみてください。

すると、「闘いを厭わぬこと!」の意味がわかります。

 

広辞苑

広辞苑

 

 

もう一つ紹介します。

この時期は、講座で勉強したいという新入生がたくさん連絡をくれます。

私が言うのは、

「キミが高校3年間使っていた、国語辞書を持ってきなさい」です。

 

キミは、国語辞書を持ってこれますか?

国語辞書を見ると、

キミが、これまでどのような大人の指導を受けてきたのかがわかります。

キミが、これまでどのような姿勢で勉強してきたのかもわかります。

それに英語の実力もわかるのです。

 

今年も、どのような新入生と会えるのか、楽しみです。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、慶応義塾大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

新江戸川公園

新江戸川公園

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

3月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

今日は、新入生たちの授業がありました。

※ 新入生とは、AO入試や推薦入試の合格者たちです。

今日は暖かかったので、授業のあと、神田川沿いの遊歩道を歩きながら

「おしゃべり」を楽しみ、歩いて5分ほどの新江戸川公園に行って、

また「おしゃべり」を楽しみました。 このコースは、授業後の散歩コースです。

 

新江戸川公園

新江戸川公園

 

新入生たちは、これまで「書きことば」の世界で、大人から評価を受けてきました。

何を聞かれても、「はあ」とか「ええ、まあ」とか「別に」とつぶやいていても、

ペーパーテストの点数さえ良ければ、「優秀」と言われてきたのです。

しかし、ちゃんとした大学生になろうと思ったら、

これからは、「話しことば」を勉強する必要があります。

大学生に必要な「ことば」とは、簡単に言えば、 お金を払っていない大人と、

よい人間関係を築くために 身につけなければならないものです。

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

大切なのは、「話し方」や「言葉遣い」ではない。

まずは、人間に対する「好奇心」を持つこと。

「好奇心」があれば、「質問」が出てくる。

そして、相手とよい人間関係を築くためには、「雑談」ができるようにならないとね。

この「雑談」を、「おしゃべり」と言うと、気が楽でしょう。

新入生のみなさん、大人と「おしゃべり」が楽しめるように

「自分のことば」を磨きませんか!

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  3月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
3月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■3月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

朝日新聞政治部次長・高橋純子氏の文章

朝日新聞政治部次長・高橋純子氏の文章

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

3月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

今日は、慶応義塾大学の新入生たちの授業がありました。

※ 新入生とは、AO入試や推薦入試の合格者たちです。

 

休憩時間に話題になったのは、

朝日新聞政治部次長の高橋純子氏の文章についてでした。

高橋氏の文章は、高校生たちに、文章を書く姿勢を教えてくれます。

ここでは詳しく紹介できないのですが、

高橋さんの文章を読んで、正確に読みとりができると、

短期間で、文章を書くときのコツがわかります。

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

慶応義塾大学の新入生たちには、3月末までに、

文章の読み方、書き方の「基本」を身につけてもらいます。

 

「そんなこと出来るよ」という高校生諸君は、

朝日新聞の高橋さんの文章を読んで、

どのようなことが読み取れるのか、まず確かめてください。

 

キミたちが、これまで、

どのような「日本語力」を持った大人から、どのような指導を受けて

「自分のことば」を磨いてきたのかを考えると、結果はすぐわかります。

正解の選択肢が選べた、抜き出し問題が当たった、ちょっとた記述問題で

部分点がもらえたという「受験問題レベル」とは違います。

 

慶応義塾大学の一般入学試験は、これから始まります。

一歩早く、合格を手に入れたみなさんは、

これまで受けて来た「教育」を振り返り、整理して、

「育ててきた能力」と、「育ててこなかった能力」を分けてください。

 

そして、これまで身につけてこなかった能力を育てる第一歩を踏み出しましょう。

大学生活を充実させるために必要な準備を始めます!

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  3月生     慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
3月から、慶応義塾大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■3月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

京都大学名誉教授・佐伯啓思氏の文章

京都大学名誉教授・佐伯啓思氏の文章

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

3月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

今日は、東京大学の学生たちとの勉強会がありました。

本日のテーマは『天皇制と民主主義の矛盾』でした。

京都大学名誉教授の佐伯啓思氏の文章をきっかけに、

天皇陛下の退位のお言葉から、戦前戦後の憲法や皇室典範、新聞

などを資料に話し合いました。

 

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

この講座で勉強している学生たちが、なぜ、就職活動で注目されるのか。

それは、知性、教養、情報を集める力、考える力、表現する力、想像力、創造力が、

優れているからです。

 

たとえば、上記の授業で話し合った内容をもとに、

東京大学の学生たちは、次に何をするのか。

ブログではご紹介できませんが、

日本の大学生の中で、これを実践している学生はいないでしょう。

 

いま、大学生たちの話を聞いていると、

これまで、彼ら彼女らの周りにいた大人たちが、

きちんと向き合ってきていなかったのではないか、と思うことが多いのです。

 

みなさんは、自分が、誰の影響を強く受けていると思いますか?

自分が普段、しゃべっている内容(ことば)を分析してみてください。

身のまわりにいる(いた)、誰の顔が、誰の声が浮かんでくるでしょうか。

おもしろい結果がでるはずです。

試してみてください。

 

子どもには、「ちゃんとした躾(教育)」を受ける権利があるのです。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  3月生      東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
3月から、東京大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■3月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶応義塾大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

まぐろ丼(清水港みなみ)

まぐろ丼(清水港みなみ)

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

3月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

昨年末に、学生たちとまぐろ丼を食べに遠出をしたのですが、

他の学生たちが、自分たちも行きたいと言いだし、

また、まぐろ丼を食べに行ってきました。

 

富士山

富士山

 

やはり、今回も、「うまい!」

そこで、昨年末と同じような話を学生たちしました。

 

文章は料理に似ている。

とれたばかりの新鮮なまぐろは、刺身で食べるとうまい。

もちろん、煮てもいいが、

あまりいじくり回すと、「すばらしい味」が薄まってしまう。

新鮮なまぐろは、そのまま食べるにかぎる。

 

文章も料理と同じだ。

すばらしい素材をつかんだときは、文章の書き方に困らない。

どう書いたら感動を読者に伝えられるかは、一応は考えるが、

結局、素材をあまりいじくらず、並べるだけで、よくわかる文章になる。

いい素材をつかんだときは、苦労することなく書ける。

 

すると、学生の1人が話し出しました。

「先日、授業で書いた文章は、いま読むと稚拙で恥ずかしい。

でも、ただただ感動して書いた。800字の原稿を30分で

まとめたことだけは覚えている。スラスラ書けた。

書き出しだけは、どうしようかと迷ったが、心に感じたまま、素直に、

具体的に書いた。事実が伝われば、読む人の心に灯をともすことが

できるのだとわかった」と。

文章の話で盛り上がって、楽しい時間を過ごしました。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  3月生   慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
3月から、慶応義塾大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■3月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

センター試験・早稲田大学試験会場

 

 

こんにちは。

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

センター試験・早稲田大学試験会場

センター試験・早稲田大学試験会場

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

3月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

センター試験2日目が終わりました。

試験終了後、受験生たちが、受験対話総合研究所を訪ねてきてくれました。(予約制)

彼ら彼女らは、出題者が用意している正解を当てることに、疲れていますね。

解けるとわかっている問題を解くことに疲れている、と言ってもいい。

何人もの学生が、「もっと、わくわくどきどきする勉強をしたい」と言いました。

 

センター試験・早稲田大学試験会場

センター試験・早稲田大学試験会場

 

今日は、センター試験をほぼ満点で通過してきた学生たちに、

自分たちの能力を、正確に確認できる大学入試問題とは、

どんな問題になるのか、話し合ってもらいました。

これは、おもしろかった。

いま報道されている、センター試験に変わる文部科学省の案とは、

まったく違う試験問題が、学生たちの口から出てきました。

 

大人たちが、考えつかないようなアイディアを若者たちは持っています。

ニュースに出てくる「専門家会議」に出席している「専門家」とは、

いったいどういう人なのか。

肩書きではなく、

専門家の「真の実力」を取材し報道する局があるといいのですが。

 

話が逸れてしまいました。

少なくとも、センター試験を受けたばかりの「賢い」受験生に話を聞くと、

若者たちが「わくわく、どきどき」しながら向き合える、

いい問題が作れそうです。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  3月生   早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
3月から、早稲田大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■3月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople
ページ上部に戻る

地方大学の学生のための 社会人に必要な「日本語」通信添削講座!

イメージ写真

大学1年生の4月から講座は始まります。週に一度のやり取りを続けます。
就職活動の時期には、社会人に必要な日本語が身についています。

エントリーシートや面接で、社会人にふさわしい日本語力があることが、自然な形で伝わります。内定が確実なものになります。
まずは、お問い合わせください!

地方大学に通う学生のための 日曜日集中就活準備「日本語講座」!

イメージ写真地方の大学に通う大学生のみなさんは、東京の学生たちが学んでいる、社会人になるための日本語の勉強が、どのようなものなのか気になっていると思います。

この講座は、普段、『受験対話』に通えない大学生に、社会人に必要な日本語の力を身につけてらうための個別の集中講座です。
受講した学生からは、「東京の学生に負ける気がしなくなった!」という声が多く、毎年、第一志望の会社に入る学生が多く出る人気の講座です。
まずは、お問い合わせください!