ブログ

早稲田大学文学部入学試験

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田大学文学部入学試験

早稲田大学文学部入学試験

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。3月生、4月生、5月生は満員になりました。

 

 

 

本日、早稲田大学文学部の入学試験がありました。

試験終了後、訪ねてきてくれた受験生のみなさん、本当にありがとうございました。

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

やはり文学部の受験生は、女性が多い。

みなさん、元気でした。

1964年の東京オリンピックのマラソンで優勝したアベベ選手のようでした。

アベベ選手は、ゴールしてすぐ、

「なんなら、あと半分くらい走ってきましょうか」と言った。

余裕があった。

 

 

鷲田清一氏(京都市立芸術大学長)の文章

鷲田清一氏(京都市立芸術大学長)の文章

 

 

今日、訪ねてきてくれた受験生も、みんな余裕があった。

約80分の体験授業(哲学者・鷲田清一氏の文章を扱いました)が終わったあと、

「もっと勉強したいです」と言う子がほとんどでした。

それに、「今まで塾には通ったことがない」

「受験勉強は、過去問題を見ながら自分でしてきた」

「問題を見ると、出題者の頭の中がわかった」

「早く、好きな勉強がしたかった」

などなど、話を聞いていると、試験準備にも余裕があったことがわかりました。

 

今年の文学部受験生は、ガッツがあります。

 

みんな、一緒に勉強しよう。

待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  6月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学基幹・創造・先進理工学部入学試験

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田大学基幹・創造・先進理工学部入学試験

早稲田大学基幹・創造・先進理工学部入学試験

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。3月生、4月生、5月生は満員になりました。

 

 

 

本日、早稲田大学基幹・創造・先進理工学部の入学試験がありました。

試験時間中に訪ねてきてくれた受験生のお母さま、本当にありがとうございました。

 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

お母さま方の話を伺いました。

理科系の受験生の親御さんは、

お子さんの勉強が「理系科目」が中心だったので、

普段、子どもたちが話している「内容」について、とても心配されていました。

詳しくは書きませんが、この書き方で、「そうなんですよ」とわかるお母さまは、

しっかり、お子さんのことを「観察」している方です。

 

 

『脱ゆとりで解決するのか』 京都大学 佐伯啓思氏

『脱ゆとりで解決するのか』 京都大学 佐伯啓思氏

 

 

そこで、お母さま方と勉強会をしました。

京都大学名誉教授の佐伯啓思氏の文章を読みながら、

大学生になるお子さんの「教育」について話し合いました。

※お母さま方の心配は、学校教育では解決しないことだからです。

 

約50分の勉強でした。お母さま方の感想です。

「こういう勉強が、ウチの子に必要だわ」

「バランスのとれた大人になるための考え方を、ぜひ娘に身につけさせたい」

また、

「私も、勉強したいのですが…」というお母さまもたくさんおられました。

 

 

お母さま、お子さんの合格が決まったら、一緒に勉強しましょう。

お待ちしています。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  6月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学法学部入学試験

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田大学法学部入学試験

早稲田大学法学部入学試験

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。3月生、4月生は満員になりました。

 

 

 

本日、早稲田大学法学部の入学試験がありました。

試験後に訪ねてきてくれた受験生のみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

今日も、入試を終えた受験生たちを、授業に来ていた大学の先輩たちが迎えてくれました。

今日は、昭和49年3月18付の朝日新聞から話題を選び、みんなで「話」を楽しみました。

 

「幼稚園から大学まで、頭脳の成長期はすべて正解への明け暮れだ。

あらゆる問題に必ず正解はある、と確信してしまえば、

正解のないものに行き当たると、

なすところを知らず、戸惑う。

『解』のないものは避け、興味ももたない」

こういう文章を読んでから、話は始まりましたね。

 

先輩たちの話を聞き、また、話し合ってみて、

受験生のみなさんは、何を受けとめてくれたでしょうか?

これは、入学試験を終えたばかりの受験生のみなさんと向き合うために、

大学生たちが用意した教材であり、話でした。

これは、「お・も・て・な・し」なのです。

「もてなす」という言葉は、『源氏物語』や『枕草子』の中にも出てくる

古い言葉だと教えてくれた先輩もいましたね。

 

広辞林

広辞林

 

入学試験で問題を解き、頭の中のものを放電したあとに、

大学生たちの「身のあるおもしろい話」を充電して帰宅できることを

喜んでくれた受験生が多くいたので、本当によかった。

 

合格が決まったら、いらっしゃい。

一緒に勉強しよう。

待ってるよ。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  5月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学スポーツ科学部入学試験

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田大学スポーツ科学部入学試験

早稲田大学スポーツ科学部入学試験

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。3月生、4月生は満員になりました。

 

 

 

本日、早稲田大学スポーツ科学部の入学試験がありました。

試験後に訪ねてきてくれた受験生のみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

今日も、授業に来ていた大学生たちが、受験生を迎えてくれました。

スポーツについて、大学の先輩たちは、どんな話をしてくれたでしょうか。

 

例えば、ロンドンオリンピックで、水泳男子400メートル・メドレー・リレー

で銀メダルに輝いた日本チームの主将松田選手の「ことば」でしたね。

決勝の前の晩、入江選手と藤井選手と松田選手の3人で、

「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」と話し合ったと。

 

この後には、2001年の9・11の時のニューヨーク市長ジュリアーニ氏の話、

そしてイチロー選手の日本語の能力についての話と、

大学生たちは、スポーツを中心に、おもしろく深い話をしてくれましたね。

どうですか。大学生たちから、もっともっと話が聞きたいと思ったのではないですか。

 

スポーツ科学部の学生が使っている辞書

スポーツ科学部の学生が使っている辞書

 

「こういう話を、聞いたことがなかった」と、受験生のみなさんは言っていた。

これまで、キミの周りには、こういう話をしてくれる大人がいなかったのかもしれません。

しかし、みなさんが大学に入ると、

一流(外国の選手、トレーナー、監督含)と思うスポーツ関係者と話をする機会が多くなります。

このことが、これからのキミの人生において、どのような意味を持つことになるのか。

一流の人から、急に「会いたい」と声がかかることもあります。

 

そんな時、慌てなくていいように、

今から「ことば」を磨いておきましょう。

 

合格が決まったら、いらっしゃい。

待ってるよ。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  5月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学国際教養学部入学試験

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

 

早稲田大学国際教養学部入学試験

早稲田大学国際教養学部入学試験

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

 

本日、早稲田大学国際教養学部の入学試験がありました。

試験後に訪ねてきてくれた受験生のみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

新明解国語辞典・広辞苑

新明解国語辞典・広辞苑

 

 

今日も大学生たちと話して、受験生のみなさんは盛り上がりました。

「日本人にとってコミュニケーション・ツールとは、英語などの外国語のことで、

日本語はツールではない」という話でした。

 

日本語は、私たちが生きていく上で、空気や水と同じで、欠かせないものです。

英語だって、コミュニケーションだって、日本語で勉強しています。

 

大学生が言っていましたね。先日、ある大人に言われた。

「グローバル社会になり、これからの武器はコミュニケーション能力だ。

コミュニケーション・ツールを磨くと、キミのスキル・アップにつながるぞ」と。

「意味不明だった。何を言いたいのかわからなかった。質問したら、相手は黙ってしまった。

カタカナ英語については、一言一言、質問してあげるといい。

わかった気になってしゃべっている怖さを知ることは、大事なんだ」と。

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

国際教養学部の学生たちは、

「ことば」の意味や使い方で、少しでもわからないと思ったときは、

国語辞典を読んでいます。電子辞書ではありません。大きな辞典です。

 

みんな合格が決まったら、いらっしゃい。

待ってるよ。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学文化構想学部入学試験

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田大学文化構想学部入学試験

早稲田大学文化構想学部入学試験

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

 

本日、早稲田大学文化構想学部の入学試験がありました。

試験後に訪ねてきてくれた受験生のみなさん、本当にありがとうございました。

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

ちょうど、大学生たちが勉強に来ていました。

受験生のみなさんは、休憩時間の大学生たちの話を聞いてびっくりしていましたね。

高校生、受験生は、これまで大人に、きちんと自分の意見を言うことはなかったのかな?

 

大学生になったら、人とちゃんと向き合います。

そして、おかしいことは、「おかしい」と言います。

ダメなものは、「ダメ」と言います。

 

今日、先輩たちが話していたのは、就職活動を始めるにあたり、

大人や先輩が「自己分析をしろ」と言うことに関してでした。

 

だいたい、「自己分析」なんて出来るのか?

「自己分析をしろ」という相手には、

「私には出来そうにありません、お手本を見せてください」と言って、

その人自身に自己分析をしてもらう。そして結果を、その人の親や奥さん、子どもに見てもらい、

どんな感想が出てきたのかをいっしょに示してください」と言えばいい。

「その結果を見て、あなたの言う『自己分析』に、どんな意味があるのかを確かめます。

それから判断します」と言う。

自分の言葉に責任を持とうとする、ちゃんとした大人や先輩だったら、やってみせるでしょう。

 

こんな話を聞いて、受験生のみなさんは、びっくりしていましたね。

でもね、ほとんどの大学生は、がまん強いのです。

人と争うことを避けて、言いたいことを腹にため込みます。

今日、みなさんが会った大学生たちは、特別な人たちです。

 

合格が決まったら、いらっしゃい。

待ってるよ。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶応義塾大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

慶応義塾大学日吉キャンパス

慶応義塾大学日吉キャンパス

 

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

本日、慶応義塾大学の学生たちとの勉強会がありました。

休憩時間の話題は、最近、一流企業の社員の逮捕が相次いでいることでした。

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

学生たちの関心は、問題を起こした社員のことではなく、

そういう人を社員として採用した会社側のことでした。

責任は、採用担当者にもあるのではないか。

となると、どういう人間に人事権を与えたのか、ということも問題になる。

「人を見る目のない人が権限を持つと、会社は傾くんだよね」ということを

具体例を出しながら話していました。

 

この講座で学んでいる学生たちは、

小さい頃から親や教師に褒められて育ってきているのですが、

いわゆる、学校秀才ではありません。

就職面接のときに、相手が、

ちゃんとした大人(人間)か。

ちゃんとした人事担当者かを見抜く眼力を持っています。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、慶応義塾大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

上智大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

上智大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

上智大学入学試験

上智大学入学試験

 

受験対話総合研究所では、

上智大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

本日、上智大学の学生たちとの勉強会がありました。

休憩時間に、アナウンサー志望の学生たちが話していたのは、アナウンサー試験についてです。

「放送を聞くかぎり、特に文章の読解力があり、音声表現や発音の優れた人

を選んでいるとは思えない」

「そうですよねー、実況ではなくて、絶叫している人」も多いし、

「すごーい」を連発する人も多い。

「鼻濁音が出せない」「サ行の発音が甘い」人もいる。

 

アナウンサー志望の学生が机上に置いている辞書

アナウンサー志望の学生が机上に置いている辞書

 

アナウンサーにとって「ことば」は命です。

命を粗末にしてはいけない。

これは、長年、アナウンサー志望の学生たちに言ってきたことです。

 

大学生を育てる仕事をしてきて、多くのアナウンサーを見てきました。

若くてきれいなうちは、みんなもてはやされますが、

どんな人も、年をとれば、容姿が衰えます。

使い捨てアナウンサーにならないように、

「今日も言葉を磨こう!」を合い言葉に、学生たちは日々勉強しています。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   上智大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、上智大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、上智大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

河合塾全統模試

 

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

河合塾全統模試(早稲田大学)

河合塾全統模試(早稲田大学)

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

本日、早稲田大学で、河合塾全統模試が行われました。

試験の後、大勢の高校生が訪ねてきてくれました。

 

河合塾全統模試(早稲田大学)

河合塾全統模試(早稲田大学)

 

記述…文章に書き記すこと。また、書き記したもの(広辞苑)

 

今日、高校1年生、2年生と話したのは、以下のような内容でした。

マーク模試であろうと、記述模試であろうと、

自分が本当にわかっているかではなく、

出題者が正解として用意しているものがわかり、制限時間内に当ててあげればいい。

問題処理をしながら、どの段階で正解がでるように作ってあるのか、

どの段階で考えることをやめて、次の問題に移ればよいのかなど、

問題作成者の思考に合わせて動けばよいのです。

 

河合塾全統模試(早稲田大学)

河合塾全統模試(早稲田大学)

 

ここで大事なことは、「試験の世界」と「学問の世界」は違うということです。

※入学試験や模擬試験は、誰が、どういう目的で作成しているのかを確認すれば、

すぐにわかります。

試験の後、疲れているのに訪ねてきてくれた高校生は、

このことに、気がついている子たちばかりでした。

 

「大人が作り上げた『試験』という世界に縛られずに勉強したい」と

言ったのは、高校1年生の女の子でした。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田中学校入学試験

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田中学校入学試験

早稲田中学校入学試験

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

4月生を募集しています。 月生は満員になりました。

 

 

本日、早稲田中学校の入学試験が行われました。

お子さんが受験をしている間に、大勢のお母さま方が、

受験対話総合研究所を訪ねてきてくれました。

 

ちょうど慶応義塾大学の学生たちがいて、お母さま方と愉快で有意義な時間を持てました。

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

学生たちは、自分の母親より十歳くらい若いお母さま方と、

初対面でもちゃんと話ができました。

 

今の人たちは、こういう力を「コミュニケーション能力」と言います。

しかし、「コミュニケーション」とは、いったい何のことなのか?

「コミュニケーション能力」とは、どんな能力のことなのか、わかりません。

 

この講座で学んでいる慶応義塾大学の学生たちは、

「雑談」「歓談」「懇談」「世間話」「噂話」と、

「談」や「話」の勉強をし、訓練してきています。

だから、初対面の大人と、信頼関係を築ける話ができるのです。

 

大学生の中には、受験生のお母様と話をしていて、意気投合して、

お子さんの受験が終わったら、ご主人(有名な方です)を紹介してもらえる

という学生もいました。

「縁」というのは、どこにあるのか、わからないものです。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。 よろしくお願いいたします。

 

  4月生   慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、慶応義塾大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople
ページ上部に戻る

地方大学の学生のための 社会人に必要な「日本語」通信添削講座!

イメージ写真

大学1年生の4月から講座は始まります。週に一度のやり取りを続けます。
就職活動の時期には、社会人に必要な日本語が身についています。

エントリーシートや面接で、社会人にふさわしい日本語力があることが、自然な形で伝わります。内定が確実なものになります。
まずは、お問い合わせください!

地方大学に通う学生のための 日曜日集中就活準備「日本語講座」!

イメージ写真地方の大学に通う大学生のみなさんは、東京の学生たちが学んでいる、社会人になるための日本語の勉強が、どのようなものなのか気になっていると思います。

この講座は、普段、『受験対話』に通えない大学生に、社会人に必要な日本語の力を身につけてらうための個別の集中講座です。
受講した学生からは、「東京の学生に負ける気がしなくなった!」という声が多く、毎年、第一志望の会社に入る学生が多く出る人気の講座です。
まずは、お問い合わせください!