ブログ

立教大学の学生のための就職活動「日本語」実践講座

こんにちは。
立教大学の学生のための就職活動「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

立教大学

最近、私のところを尋ねてくる学生は、
どうも、どこかで、面接用の訓練を受けてから来るようで、
みなさん饒舌なのです。

ただ、みなさん、
自分は、「口がうまい」と思っているような節があり、
そのへらへらと上すべりして出てくる
「口じょうず」な言葉では、
ちゃんとした大人の心をとらえることは
できないだろうな、というのが私の感想なのです。

立教大学

饒舌は、かえって、自分の「ことば」を卑しめることにもなるのです。
自分の「ことば」を卑しめるとは、
自分を卑しめることと同じなのです。
「そんなこと、習わなかった」と言うかしれませんが、
もう、みなさん大学生なのですから、
習わなくて、考えることが大切なのです。

では、どうしたら、
ちゃとした大人と、よい人間関係を築けるのでしょうか?

8月22日から、
立教大学の学生のための就職活動「日本語」夏期講座が始まります。

困っていることがある学生は、気軽に連絡をください。
お待ちしています。

夏期講習 募集中! 立教大学の学生のための就職活動「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
この夏、立教大学の学生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開講します。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る
「ことばの講座」の内容を基本にして、立教大学の学生としての
特徴が十分に届けられるように特訓します!
■8月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

成蹊大学の学生のための就職活動「日本語」実践講座

こんにちは。
大学生のための就職活動「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

成蹊大学(吉祥寺)

今日は、吉祥寺にある成蹊大学に行ってきました。
就職活動を意識し始めた学生たちが、
「自分のことば」を育ててこなかったことに気がつき、
勉強したいということでした。

大学生たちと話していると、
彼らは、
「口べただから、話し方を習いたい」と言います。
しかし、たぶんそれは、間違っています。

「話し方」は結果なのです。
「自分の思い」を届けようとする努力の結果が
「話し方」なので、
どこかに、完璧な「話し方」があって、
それをまねればいいというものではないのです。

成蹊大学オープンキャンパス

この夏、成蹊大学の学生たちと、
すぐれた対話者(コミュニケーター)になるための講座を開きます。

夏期講習 募集中! 成蹊大学の学生のための就職活動「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
この夏、成蹊大学の学生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開講します。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る
「ことばの講座」の内容を基本にして、成蹊大学の学生としての
特徴が十分に届けられるように特訓します!
■8月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

就活・夏期講座について

こんにちは。
大学生のための就職活動「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

夏休み前に就活を知ろう!

昨日、神戸大学の学生さんから
夏期講座についての問い合わせをもらいました。
※夏期講座は、普段『受験対話』に通えない学生さんに
  特に、来て欲しいと思っています。

その電話でのやり取りの中で、学生さんから、
「講座のタイトルが『国語』ではなく『日本語』なのはどうして?」
という質問がありました。

そうなんです。
『受験対話』の大学生対象の講座名は、
すべて「日本語」実践講座としています。

これには理由があるのです。

一般に国語といったら、学校で習う教科としての国語を連想する人が
多いのではないでしょうか。
ただ、高校までで習う国語で育てている能力は、
社会人として生きていく上で必要な、「言葉の力」ではないのです。

そこで、『受験対話』では、
大学生が、これから生きて行く上で大切な「ことばの力」を
「日本語」という言葉で表現することにしました。
人にはそれぞれ、生まれてから今まで身につけてきた、
自分の「ことば」があります。
人生の色に染まった自分の「ことば」を、「日本語」としました。

ですから、「自分のことば=日本語」の中身とは、その人の教養、気品、
趣味のよさ、厳格さ、正確さ、意欲、相手を思う力などなど、
その人そのものを指すことになります。
つまり、言葉の使い方ひとつに、その人のこれまでの「生き方」が
すべて表れると考えているのです。

『受験対話』では、国語ではなく、
大学生の「日本語の力」を育てるために、
大学1年生の4月から訓練を始めています。
だから、就職に強いのは、当たり前なのです。

言葉1つに、自分の「生き方」が表れるという自覚と認識を持つだけでも
就職活動が、どれだけ楽になることか。
またこれが、どれだけ内定に結びつくことになるのか、
大学生のみなさんは、知らないのです。
「借り物の表現」ほど、むなしいものはないのです。

8月の夏期講座では、
就職入門編として、
「確かな響き」のある「誠実なことば」を身につけてもらいます。

どうぞお楽しみに!

8月生募集中! 早稻田大学教育部の学生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稻田大学教育学部の新入生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開講しています。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る講座です。
■8月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

日本女子大学の学生のための就職対策「日本語」実践講座

こんにちは。
日本女子大学の学生のための就職対策「日本語」実践講座
でおなじみの受験対話総合研究所です。

日本比較教育学会

今日は、
早稲田大学の国際会議場で、
日本比較教育学会が、
『大学院レベルでの教員養成・研修の国際比較』
というテーマでシンポジウムを行いました。

その後、
日本女子大学の教員志望の学生たちが『受験対話』にやってきて、
今日のシンポジウムでの話を中心に、おしゃべりをしました。

今日のおしゃべりのテーマは、「教育によって人を育てる方法」でした。
まずは、ソクラテスの話から始まりました。
「教育とは、人々に、無知であることを自覚させる援助だ」
有名な、「無知の知」という考え方です。

人々が常識的に、あるいは固定観念によって、知っていると思っていることが、
いかに間違いであるか。
真実は、その彼方にある。
しかし、教師も、それを知っているとはかぎらない。

だから、教育とは、真実を直接教えるものではなく、
既成の知識の誤りを、自ら発見させるためのものである。

簡単にまとめると、これが、ソクラテスの教育の理想でした。

このような話をきっかけに、
「教育」について、おしゃべりを楽しみました。

こういう、おしゃべりを積み重ねることで、
学生たちの問題意識は育っていくのです。

8月生募集中!  日本女子大学の学生のためのスタートアップ「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
日本女子大学の学生を対象にした、
社会人になるための就職対策「日本語」実践講座を開講中です。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る人気の講座です
■8月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学社会科学部の学生のための就職活動「日本語」実践講座

こんにちは。
早稲田大学社会科学部の学生のための就職活動「日本語」実践講座
でおなじみの受験対話総合研究所です。

早稲田大学入学センター

先日、
早稲田大学入学センターが主催する、
高校の進路指導担当者を対象にした、
「大学教育に関する情報交換会」が行われました。

受験対話総合研究所では、
ここ20年、大学生としっかり向き合うことを仕事にしてきましたので、
大学生が、身につけることのできている大学教育と
身につけることのできていない大学教育を
しっかり観察してきました。

たとえば、多くの大学生たちが、
身につけることのできていない教育とは何か?

成績もよし、なんとか論文も書ける。
そんな大学生が多いのですが、
ところが、
いったん口を開かせてみると、
彼らのほとんどが、自分の「ことば」を失っているのです。
つまり、改まった対話を通して、相手を理解したり、自分を伝えることが苦手なのです。
小学校から大学までの勉強の谷間に、
自分の「ことば」が沈んでしまっているのではないかと、
大学生と向き合いながら、この20年感じてきました。
このような点から、大学教育を考えることも大切なのではないかと思います。

さて、受験対話総合研究所では、
今年も、大学1年生、2年生対象にした夏期講習を行います。
就職活動をするときに、最も力を発揮する、
今の教育が見失っている大切なものを学んでみませんか!

スタートは、8月21日からです。
普段はなかなか通うことができない
地方大学の学生さん、特にお待ちしています。
詳しくは、このブログで紹介していきます。

お楽しみに!

7月生募集中! 早稻田大学社会科学部の学生のための就職活動「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稻田大学社会科学部の新入生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開講しています。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る講座です。
■7月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶應義塾大学法学部・経済学の就職対策「日本語」実践講座

こんにちは。
慶應義塾大学の学生のための就職対策「日本語」実践講座
でおなじみの受験対話総合研究所です。

東京六大学野球・慶應義塾大学優勝

昨日は、
慶應義塾大学日吉キャンパスに行ってきました。
学生たちの書いたレポートを読んだり、
彼らの相談に耳を傾けていたときに気が付いたのですが、
成績もいい、レポートもそこそこ書ける学生たちが多かったのですが、
「ことば」に関して、ここを改善すると、さらによくなるという
ポイントに気づきました。
これは、早稲田大学の学生を指導しているときにもありましたが、
今回出会った、慶應義塾の学生に共通して見られました。

東京六大学野球・慶應義塾大学優勝セール

これから、彼らの日本語を育てるにふさわしい環境を
整えていこうと計画しています。

7月生募集中! 慶應義塾大学法学部・経済学部の学生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、慶應義塾大学法学部と経済学部の新入生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開講しています。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る講座です。
■7月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の学生のための就職対策「日本語」実践講座

こんにちは。
早稲田大学の学生のための就職対策「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

早大生のためのインターンシップ・メッセ

「受験対話総合研究所で学んだ
早稲田大学の学生たちの就職が、なぜうまくいっているのか」と、
その理由をよく聞かれます。

『受験対話』では、
大学生として、当たり前の訓練をしているだけなのです。
たとえば、
1年生の4月から、「判断力」を養うトレーニングを行っています。

同じ事象でも、
2つの角度から比較して、
何が、どうなっているのかを判断する訓練です。

レッスンの中に、
「取材」がありますが、

学生たちが、
1つの事実を取材する場合、
一方からだけでなく、
もう一方の角度からも取材して、
いま取材しているものを
どう考えたらいいのか、
判断していきます。

こうした訓練をくり返していくうちに、
判断するための知識や事実を見抜く力、
物事に対する洞察力が養われ、
自分なりに判断ができる能力が育つのです。

就職すると、判断を伴う仕事は増えていきます。
この判断力の基礎訓練が出来ている学生は、
企業にとっても魅力があるのでしょうね。

興味のある大学生は、連絡ください。
お待ちしています。

7月生募集中! 早稻田大学人間科学部・スポーツ科学部就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稻田大学人間科学部とスポーツ科学部の新入生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開講しています。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る講座です。
■7月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会

こんにちは。
学習院女子大学の学生のための
就職対策「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会

今日は、早稲田大学で、
全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会
が行われました。

受験対話総合研究所では、
幼稚園児から大学生までの
「日本語」指導を行っていますが、
大学入試の現代文は、おかしな問題が多いと感じています。

例えば、『評論』は、
筆者が、自分の意見を読者にわかるように説明する文章です。

ところが、大学入試問題で使われる『評論』は、
高校3年生が読んでもわからないのです。
辞書を引きながら、そして、「ここは、どことつながるんだ」と、
一生懸命に考えないと、つかみにくい、
または、先生の説明がないと理解できない文章なのです。

どんなにいいことが書いてあっても、
先生が、説明をしないて理解できないような文章は、
高校3年生(読者)にとっては悪文なんです。
こういう文章を読ませておいて、
一方では、AO、推薦の小論文の試験で、
わかるように書けと、高校生に言うわけです。

高校3年生が、読んでおもしろいと感じ、
なるほどとわかるものを入試問題に選んでほしい。
そして、
「なぜ、こんなにわかりやすいのか」
筆者の工夫したところを問い、答えさせればいい。

これが、受験対話総合研究所が提案する
大学入試問題です。

しかし、これは実現しないでしょう。
問題を作成する先生方が、
このような教育を受けてきていませんから、
この提案は却下されますね。

6月生募集中! 学習院女子大学の学生のための就職対策「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、学習院女子大学の学生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ就職対策「日本語」実践講座を開いています。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る人気の講座です
■6月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座!

こんにちは。
早稲田大学の学生のための就職対策「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

新入生諸君、早稲田で学び大海へでよ!

今日、レッスンに来た早稲田大学の新入生たちが、
1枚のチラシを持ってきました。

それによると、
入学式が行われなかった今年の新入生たちのために
先輩たちが、
元総長の奥島孝康氏を招き、講演会を開いてくれるのだそうです。
タイトルは、『新入生諸君、早稲田で学び大海へ出よ!』

今の総長さんが、
「なぜ自分が呼ばれなかったのか」と
悩んでいるのではないかと心配ですが…

この会で、何が語られ、
新入生たちが、どのように受けとめるのか。
感想を聞くのを楽しみにしています。
とても、興味のあるイベントです。

新入生のみなさん、ぜひ参加してはいかがでしょうか。

※主催は、『新入生諸君、早稲田で学び大海へ出よ!』実行委員会
  だそうです。

6月生募集中! 早稻田大学文学部・文化構想学部の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稻田大学文学部・文化構想学部の新入生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開講しています。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る講座です。
■6月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学政治経済学部の就職対策

こんにちは。
大学生の就職対策講座(就職指導)
早稲田大学政治経済学部の学生のための
「日本語講座」でおなじみの
受験対話総合研究所です。

早稲田大学政治経済学部の校舎

早稲田大学政治経済学部の校舎の横に
植えられていた木が抜かれていました。

早稲田大学政治経済学部の校舎の前

それにしても、何という大きな穴でしょうか。

早大生よ、この根の大きさから何を読み取る!

この穴の中にあったのが、
大きな大きな木の根っこです。

私は、この根っここそ、先輩たちが身につけてきた、
しっかりした哲学であり、理想であり、合理的な精神であり、
なにかの分野で、人に一目おかれるような実力であり、
実績であり、ある種の人間的迫力なのだと思いました。

早稲田大学政治経済学部の新入生のみなさん、
受験対話総合研究所の講座で、
大いに学んで、先輩方に続いてください!

6月生募集中! 早稻田大学政治経済学部の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、早稻田大学政治経済学部の新入生を対象にした、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開講しています。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る講座です。
■6月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople
ページ上部に戻る

地方大学の学生のための 社会人に必要な「日本語」通信添削講座!

イメージ写真

大学1年生の4月から講座は始まります。週に一度のやり取りを続けます。
就職活動の時期には、社会人に必要な日本語が身についています。

エントリーシートや面接で、社会人にふさわしい日本語力があることが、自然な形で伝わります。内定が確実なものになります。
まずは、お問い合わせください!

地方大学に通う学生のための 日曜日集中就活準備「日本語講座」!

イメージ写真地方の大学に通う大学生のみなさんは、東京の学生たちが学んでいる、社会人になるための日本語の勉強が、どのようなものなのか気になっていると思います。

この講座は、普段、『受験対話』に通えない大学生に、社会人に必要な日本語の力を身につけてらうための個別の集中講座です。
受講した学生からは、「東京の学生に負ける気がしなくなった!」という声が多く、毎年、第一志望の会社に入る学生が多く出る人気の講座です。
まずは、お問い合わせください!