ブログ

早稻田大学の新入生の講座はスタートしています!

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)
新入生のスタートアップ就職対策「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

早稻田大学大隈講堂と桜

受験対話総合研究所では、
早稻田大学の新入生対象の勉強会(メールが中心)が
もうすでにスタートしています。
特に、こういう時期だからこそ、
大学生は、社会の一員として、
謙虚にしっかり学ばなくてはいけません。

受験対話総合研究所で学んだ大学生たちが、
企業から高い評価をもらっている理由の1つは、
学生たちが、「報告」について、徹底的に訓練し、
そのノウハウを身につけているからです。
企業で働く者は、必要な情報を、簡潔にポイントを絞って
正確にわかりやすく伝える姿勢を持つことが必要です。

これは、テレビを見ていても、勉強ができます。
「今、国民が一番知りたいことは何なのか」と問いかければ、
『何を』を『どのように』報告したらよいのか、話す内容も決まってくるのです。

4月生募集中! 早稲田大学法学部の新入生のための就職対策「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、4月から、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る人気の講座です
■4月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学卒業式(卒業生のみなさんへ)

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

世界史における日本の位置づけと金融の将来

早稲田大学が卒業式を中止すると発表しました。
受験対話総合研究所で学んできた
多くの早稲田大学四年生の諸君!

卒業式が予定されていた25日に、
キミたちが、何をどうするのかが、本当の意味での卒業論文になります。
そしてそれが、これから社会人になるキミたちの人生のテーマになるでしょう。
問われているのは、キミたちが大学生活で育ててきた、
知性であり、教養であり、問題意識です。

また、25日をどのように過ごしたのかを
ぜひ、後輩たちに話しにきてください。
キミたちの卒業論文の発表を、私も、後輩たちも楽しみにしています。

4月生募集中! 早稲田大学商学部の学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、4月から、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る人気の講座です
■4月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学社会科学部の新入生のみなさんへ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)
新入生のスタートアップ就職対策「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

学内企業説明会(早稲田大学キャリアセンター)

今日は、世界最大の製薬会社に就職する
早稲田大学社会科学部のヒトシ君が
後輩たちのために話をしてくれました。

後輩たちは、
社会科学部から製薬会社に就職するという、
ヒトシ先輩の発想に質問が集中しました。

そこで、彼は、次のように話し始めました。

「面接で、志望理由を説明するとき、
または、やりたい仕事をイメージしたり、
大学で学んできたことを、
仕事でどう生かせるかを説明するときに、
発想力を見られていると思いました。
そのほかに、用意された課題で、
直接発想力が試される試験もありました。
いずれにしても、説得力を持った話というのは
発想力次第なんです。
そこで、就職試験で試される発想力を鍛える
トレーニング方法は…」と続きました。

受験対話総合研究所では、
4月から、早稲田大学の学生ための「日本語教室」が始まります。
「発想力」を磨きたい早大生は、ぜひご連絡ください。

4月生募集中! 早稲田大学社会科学部の新入生のためのスタートアップ「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、4月から、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る人気の講座です
■4月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学スポーツ科学部の新入生のみなさんへ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)
新入生のスタートアップ就職対策「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

早稲田大学スポーツ科学研究科シンポジウム

今日は、
大学1年生の5月から
受験対話総合研究所に通ってきていた
早稲田大学スポーツ科学部のテツヤ君が
顔を出してくれて、
後輩たちにメッセージをくれました。

テツヤ君は、難関のマスコミに就職が決まっています。
「私が経験したマスコミの採用試験では、
学生の完成度をみているのではないと思いました。
採用後、戦力になる可能性があるかどうかの資質を
見てるのだと感じました。その理由は…
だからみなさんは、『受験対話』で学びながら、
自分の中に何を培うかということが大事になるのです。

私が、『受験対話』のトレーニングで身につけたものの1つは、
どんなことでも、すぐにわかったつもりにならない、ということ。
そして、なぜ、どうして、という疑問を常に持つこと。
そして、疑問を持ったものを、すぐに調べて、確認するということです。

これは、簡単に見えて本当に難しいことです。
それに、この習慣が身についていることを
面接の場で、どのように表現したら、
初対面の大人にわかってらえるのか。
たとえれば、疑問点が、やがて線になり、面になって、
全体の分析ができるようになる。
こうした物の見方、とらえ方を身につけていることを
どのように伝えたらいいのか…」

後輩たちは、テツヤ先輩の話に聞き入っていました。

早稲田大学スポーツ科学部の新入生のみなさん、
入学と同時に、少しずつ、社会人になるための訓練を始めましょう。
人生を左右する大事な就職試験の準備には、
大学入試のためにかけた以上の時間が必要なのです。
質問があれば、お気軽にどうぞ。
お待ちしています。

4月生募集中! 早稲田大学スポーツ科学部の学生のためのスタートアップ「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、4月から、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る人気の講座です
■4月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学政治経済学部の新入生のみなさんへ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)
新入生のスタートアップ就職対策「日本語」実践講座でおなじみの
受験対話総合研究所です。

早稲田大学政治経済学部「卒業を祝う会」

受験対話総合研究所で、
大学の入学式の日から学び続けていたタカシ君が
早稲田大学政治経済学部から三井物産に就職します。

今日、『受験対話』でトレーニング中の後輩たちに
タカシ君が経験談を話してくれました。
「面接では、一夜漬けの知識は通用しない。
これまで生きてきた自分の経験や人生が、
どれだけ広くて、中身が濃いか、深いかということが大事なんだ。
キミたちには、何度も話してきたが、
一生懸命に学生生活を送ってきた自信が内定につながる。
だから、受験対話での学びが大事なんだ!」

大学の合格が決まったみなさん。
「受験対話」では、大人の社会で通用する力を
じっくり育てていく、新入生用の研修が始まっています。
人生を大きく左右する就職試験に向けた準備は、
今から少しずつ始めることが大事です!
興味のある若者は、ご連絡ください。

4月生募集中! 早稲田大学政治経済学部の新入生のためのスタートアップ「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、4月から、
社会人になるためのスタートアップ「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社から内定をもらえる学生が多く出る人気の講座です
■4月  全4回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学推薦入学生のための日本語レッスン!

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

早稲田大学推薦入学決定通知書交付式

受験対話総合研究所では、
早稲田大学に推薦入学する学生を対象とした
「日本語講座」がスタートしています。

この講座は、
合格者のご父兄からの希望が多く開講しました。
特に、海外で学ばれたり、海外で仕事をされてきた
ご父兄からのご要望です。
海外で暮らした経験のあるお父さま、お母さまがおっしゃるのは、
「日本語がダメで、外国語のうまい人間はいない」
ということです。

「日本の大学生は、
 外国語の学習に一生懸命になるほどには、
 日本語の学習に努力しない人が多い。
 大学生たちは、日本語は、日本人として自然に身につくものであり、
 用が足りているから勉強する必要なんてない、と
  錯覚しているのでしょう。
 あるいは、入学試験の「国語」で合格点がとれたから、
 勉強はすんだと思っているのでしょう。
 しかし、社会に出ればわかります。
 日本語ほど、個人差のついているものはないのです。
 大学生の日本語は、未熟です。
 それでいて、外国語がうまくなりたい、と考えるところが不思議です。
 母国語で話していて要領を得ない人が、外国語で話したら実にうまい、
 ということはありえませんよ」。

 海外で暮らしたり、海外で仕事をしている親御さんは、
 お子さんには、まず、日本語をしっかり自分のものにするための
 努力をしてほしいと、みなさんおっしゃいます。

 このように、子どもの将来を真剣考えているご父兄が
 この日本語講座を支えてくれているのです。

3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

  

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学社会科学部の受験生とご父兄の方へ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

早稲田大学社会科学部入学試験

【早稲田大学社会科学部の受験生とご父兄の方へ】

20年前のある日、
「国語は学校で習ってきたけれど、
日本語はまだ習ったことがないから、だから…」
と言って、就職活動を目の前にした
早稲田大学の学生が訪ねてきたのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座の始まりでした。

この大先輩がここで使った、「国語」と「日本語」の間に、
どんな違いがあるのかは、ひとまずおくとして、
なんとなく、この先輩の気持ちがわかりませんか?
彼は、入社試験にエントリーシートや面接があり、そのレベルの高さを知って
初めて「日本語」を、まだ習っていないという焦りを感じたのだと言いました。

彼だけではありません。
受験対話総合研究所に来る大学生たちは、
自分の人生を左右する「エントリーシートや入社面接」という現実とぶつかって、
困惑したと言っています。

だって、高校卒業までは、大人に何か聞かれても、
「はあ、別に」「まあ、そんなところです」とつぶやいていればよかった。
ところが、今度はそうはいきません。
そうはいかないばかりか、大事な人生を左右する「面接」で、
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければいけない。

しかし大学生たちは、大人と「ちゃんと話す」とは、どういうことなのか。
そこのところがよくわからない。
何が「ちゃんと」の中身なのかも教わってこなかったし、
「ちゃんと」話す技術も教わってきていない。
これが、就職活動を目前にした大学生たちの悩みで、
今も変わっていなのです。

就職活動を目前にして、
このような不安や悩みを抱えなくいいように
大学の合格発表があったその日から、
就職内定がでるまで、
みなさんの大学生活を完璧にサポートするのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座です。

受験対話総合研究所では、
早稲田大学社会科学部を受験したみなさんが、
2年半後、
人生を左右する就職試験で、
第一志望の会社から内定がもらえるように
今からお手伝いをします。

これから大学の合格発表がありますが、
4月から通うことになる大学が、
第一志望の大学でも、第二志望の大学でも
第三志望の大学でもかまわないのです。
大事なのは、次の就職試験です。

早稲田大学社会科学部を受験したみなさん、
「あのとき、こうすればよかった」などと言わない生き方をしてほしい!
大学生活の一瞬一瞬を充実させていきたいと願う学生のみなさん、
また、お子さんをスムーズに社会人にさせたいと願うご父兄の方は、
ぜひ、ご連絡をください!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学商学部の受験生とご父兄の方へ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

早稲田大学商学部入学試験

【早稲田大学商学部の受験生とご父兄の方へ】

20年前のある日、
「国語は学校で習ってきたけれど、
日本語はまだ習ったことがないから、だから…」
と言って、就職活動を目の前にした
早稲田大学の学生が訪ねてきたのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座の始まりでした。

この大先輩がここで使った、「国語」と「日本語」の間に、
どんな違いがあるのかは、ひとまずおくとして、
なんとなく、みなさんにも、この先輩の気持ちがわかりませんか?
彼は、入社試験にエントリーシートや面接があり、そのレベルの高さを知って
初めて「日本語」を、まだ習っていないという焦りを感じたのだと言いました。

彼だけではありません。
受験対話総合研究所に来る大学生たちは、
自分の人生を左右する「エントリーシートや入社面接」という現実とぶつかって、
困惑したと言っています。

だって、高校卒業までは、大人に何か聞かれても、
「はあ、別に」「まあ、そんなところです」とつぶやいていればよかった。
ところが、今度はそうはいきません。
そうはいかないばかりか、大事な人生を左右する「面接」で、
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければいけない。

しかし大学生たちは、大人と「ちゃんと話す」とは、どういうことなのか。
そこのところがよくわからない。
何が「ちゃんと」の中身なのかも教わってこなかったし、
「ちゃんと」話す技術も教わってきていない。
これが、就職活動を目前にした大学生たちの悩みで、
今も変わっていなのです。

就職活動を目前にして、
このような不安や悩みを抱えなくいいように
大学の合格発表があったその日から、
就職内定がでるまで、
キミたちの大学生活を完璧にサポートするのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座です。

受験対話総合研究所では、
早稲田大学商学部を受験したみなさんが、
2年半後、
人生を左右する就職試験で、
第一志望の会社から内定がもらえるように
今からお手伝いをします。

これから大学の合格発表がありますが、
4月から通うことになる大学が、
第一志望の大学でも、第二志望の大学でも
第三志望の大学でもかまわないのです。
大事なのは、次の就職試験です。

早稲田大学商学部を受験したみなさん、
「あのとき、こうすればよかった」などと言わない生き方をしてほしい!
大学生活の一瞬一瞬を充実させたいと願う学生のみなさん、
また、お子さんをスムーズに社会人にさせたいと願うご父兄の方々は、
ぜひ、ご連絡ください!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学政治経済学部の受験生とご父兄の方へ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

早稲田大学政治経済学部入学試験

【早稲田大学政治経済学部を受験したみなさんとご父兄の方へ】

20年前のある日、
「国語は学校で習ってきたけれど、
日本語はまだ習ったことがないから、だから…」
と言って、就職活動を目の前にした
早稲田大学の学生が訪ねてきたのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座の始まりでした。

キミたちの大先輩がここで使った、「国語」と「日本語」の間に、
どんな違いがあるのかは、ひとまずおくとして、
なんとなく、キミにも、この先輩の気持ちがわかりませんか?
彼は、入社試験にエントリーシートや面接があることを知って
初めて「日本語」を、まだ習っていないという焦りを感じたのだと言いました。

彼だけではありません。
受験対話総合研究所に来る大学生たちは、
自分の人生を決める「エントリーシートや入社面接」という現実とぶつかって、
困惑したと言っています。

だって、高校卒業までは、大人に何か聞かれても、
「はあ、別に」「まあ、そんなところです」とつぶやいていればよかった。
ところが、今度はそうはいきません。
そうはいかないばかりか、大事な人生を左右する「面接」で、
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければいけない。

しかし大学生たちは、大人と「ちゃんと話す」とは、どういうことなのか。
そこのところがよくわからない。
何が「ちゃんと」の中身なのかも教わってこなかったし、
「ちゃんと」話す技術も教わってきていない。
これが、就職活動を目前にした大学生たちの悩みで、
今も変わっていなのです。

就職活動を目前にして、
このような不安や悩みを抱えなくいいように
大学の合格発表があったその日から、
就職内定がでるまで、
キミたちの大学生活を完璧にサポートするのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座です。

受験対話総合研究所では、
早稲田大学政治経済学部を受験したみなさんが、
2年半後、
人生を左右する就職試験で、
第一志望の会社から内定がもらえるように
今からお手伝いをします。

これから大学の合格発表がありますが、
4月から通うことになる大学が、
第一志望の大学でも、第二志望の大学でも
第三志望の大学でもかまわないのです。
大事なのは、次の就職試験です。

早稲田大学政治経済部を受験したみなさん、
「あのとき、こうすればよかった」などと言わない生き方をしてほしい!
大学生活の一瞬一瞬を充実させて、
スムーズに社会人になりたいと願うみなさんは、
ぜひ、連絡をください!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学教育学部の受験生とご父兄の方へ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

早稲田大学教育学部入学試験

【早稲田大学教育学部を受験したみなさんとご父兄の方へ】

20年前のある日、
「国語は学校で習ってきたけれど、
日本語はまだ習ったことがないから、だから…」
と言って、就職活動を目の前にした
早稲田大学の学生が訪ねてきたのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座の始まりでした。

キミたちの大先輩がここで使った、「国語」と「日本語」の間に、
どんな違いがあるのかは、ひとまずおくとして、
なんとなく、キミにも、この先輩の気持ちがわかりませんか?
彼は、入社試験にエントリーシートや面接があることを知って
初めて「日本語」を、まだ習っていないという焦りを感じたのだと言いました。

彼だけではありません。
受験対話総合研究所を訪れる大学生たちは、
自分の人生を決める「エントリーシートや入社面接」という現実とぶつかって、
困惑したと言っています。

だって、高校卒業までは、大人に何か聞かれても、
「はあ、別に」「まあ、そんなところです」とつぶやいていればよかった。
ところが、今度はそうはいきません。
そうはいかないばかりか、大事な人生を左右する「面接」で、
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければいけない。

しかし大学生たちは、大人と「ちゃんと話す」とは、どういうことなのか。
そこのところがよくわからない。
何が「ちゃんと」の中身なのかも教わってこなかったし、
「ちゃんと」話す技術も教わってきていない。
これが、就職活動を目前にした大学生たちの悩みで、
今も変わっていなのです。

就職活動を目前にして、
このような不安や悩みを抱えなくいいように
大学の合格発表があったその日から、
就職内定がでるまで、
キミたちの大学生活を完璧にサポートするのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座です。

受験対話総合研究所では、
早稲田大学教育学部を受験したみなさんが、
2年半後、
人生を左右する就職試験で、
第一志望の会社から内定がもらえるように
今からお手伝いをします。

これから合格発表がありますが、
4月から通うことになる大学が、
第一志望の大学でも、第二志望の大学でも
第三志望の大学でもかまわないのです。
大事なのは、次の就職試験です。

早稲田大学教育部を受験したみなさん、
「あのとき、こうすればよかった」などと言わない生き方をしてほしい!
大学生活の一瞬一瞬を充実させて、
スムーズに社会人になりたいと願うみなさんは、
ぜひ、連絡をください!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople
ページ上部に戻る

地方大学の学生のための 社会人に必要な「日本語」通信添削講座!

イメージ写真

大学1年生の4月から講座は始まります。週に一度のやり取りを続けます。
就職活動の時期には、社会人に必要な日本語が身についています。

エントリーシートや面接で、社会人にふさわしい日本語力があることが、自然な形で伝わります。内定が確実なものになります。
まずは、お問い合わせください!

地方大学に通う学生のための 日曜日集中就活準備「日本語講座」!

イメージ写真地方の大学に通う大学生のみなさんは、東京の学生たちが学んでいる、社会人になるための日本語の勉強が、どのようなものなのか気になっていると思います。

この講座は、普段、『受験対話』に通えない大学生に、社会人に必要な日本語の力を身につけてらうための個別の集中講座です。
受講した学生からは、「東京の学生に負ける気がしなくなった!」という声が多く、毎年、第一志望の会社に入る学生が多く出る人気の講座です。
まずは、お問い合わせください!