ブログ

早稲田大学文化構想学部の受験生とご父兄の方へ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。  

早稲田大学文化構想学部入学試験

 

【早稲田大学文化構想学部を受験したみなさんとご父兄の方へ】

 20年前のある日、
「国語は学校で習ってきたけれど、
日本語はまだ習ったことがないので、だから…」
と言って、就職活動を目の前にした
早稲田大学の学生が事務所を訪ねてきました。
これが、受験対話総合研究所の就職対策講座の始まりでした。

キミたちの大先輩がここで使った、「国語」と「日本語」の間に、
どんな違いがあるのかは、ひとまずおくとして、
なんとなく、キミたちにも、この先輩の気持ちがわかりませんか?
この先輩は、入社試験にエントリーシートや面接があることを知って
初めて「日本語」を、まだ習っていないという焦りを感じたのだと言いました。

彼だけではありません。
受験対話総合研究所を訪れる大学生たちは、
就職活動を目前にして、
自分の人生を左右するエントリーシートや入社面接という現実にぶつかって、
困惑したと、感想を述べています。

だって、これまでは、大人に何か聞かれても、
「はあ、別に」「まあ、そんなところです」と、つぶやいていればよかった。
ところが、今度はそうはいかない。
そうはいかないばかりか、大事な人生を左右する「面接」で、
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければいけない。

しかし大学生たちは、大人と「ちゃんと話す」とは、どういうことなのか。
そこのところがよくわからない。
何が「ちゃんと」の中身なのかも教わってないし、
「ちゃんと」話す技術も教わってきていない。
これが、就職活動を目前にした大学生の悩みで、
今も変わっていなのです。

そこで、受験対話総合研究所では、
大学生が、就職活動を目前にして、
このような不安や悩みを抱えなくていいように、
入学式の日から就職内定がでるまでをの大学生活を
完璧にサポートしています。

つまり、早稲田大学文化構想学部を受験したみなさんが、
2年半後の就職活動がスムーズにできるように
今からお手伝いをします。

これから大学入試の合格発表があります。
4月から通うことになる大学、学部が、
第一志望の大学でも、第二志望の大学でも
第三志望の大学でもいいのです。
次の就職試験が大事なのです。

就職氷河期の今、面接が高レベルになり、
的確な自己表現が求められています。
入学と同時に、社会人へのステップを踏んで準備すれば、
どんな難関起業の面接も怖くないのです。

早稲田大学文化構想学部を受験したみなさん、
キミたちの内定を確実なものにします。
興味があったら、お問い合わせ下さい!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学国際教養学部の入学試験を受けたみなさんへ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。 

早稲田大学国際教養学部入学試験

【早稲田大学国際教養学部を受験したみなさんへ】

 20年前のある日、
「国語は学校で習ってきたけれど、
日本語はまだ習ったことがないので、だから…」
と言って、就職活動を目の前にした
早稲田大学の学生が事務所を訪ねてきました。
これが、受験対話総合研究所の就職対策講座の始まりでした。

キミたちの大先輩がここで使った、「国語」と「日本語」の間に、
どんな違いがあるのかは、ひとまずおくとして、
なんとなく、キミたちにも、この先輩の気持ちがわかりませんか?
先輩は、入社試験にエントリーシートや面接があることを知って
初めて「日本語」を、まだ習っていないという焦りを感じたのだと言いました。

彼だけではありません。
受験対話総合研究所を訪れる大学生たちは、
自分の人生を左右するエントリーシートや入社面接という現実にぶつかって、
困惑したと、口をそろえて言います。

だって、これまでは、大人に何か聞かれても、
「はあ、別に」「まあ、そんなところです」とつぶやいていればよかった。
ところが、今度はそうはいかない。
そうはいかないばかりか、大事な人生を左右する面接で、
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければいけない。

しかし大学生たちは、大人と「ちゃんと話す」とは、どういうことなのか。
そこのところがよくわからない。
何が「ちゃんと」の中身なのかも教わってないし、
「ちゃんと」話す技術も教わってきていない。
これが、就職活動を目前にした大学生の悩みで、
今も変わっていなのです。

受験対話総合研究所では、
大学生が、就職活動を目前にして、
このような不安や悩みを抱えなくいいように、
入学式の日から就職内定がでるまでを
完璧にサポートします。

つまり、早稲田大学国際教養学部を受験したみなさんが、
2年半後に始まる就職活動では、
スムーズに社会人になれるように、今からお手伝いをするのです。

これから大学入試の合格発表があります。
4月から通うことになる大学、学部が、
第一志望の大学でも、第二志望の大学でも
第三志望の大学でもいいのです。
大事なのは、キミたちの人生を大きく左右する
就職試験なのです。

受験対話総合研究所の就職対策講座では、
大勢の大学生と直に接している中で、
彼らにとってエントリーシートや面接に臨む上で、
何が苦手で、どういうアドバイスが有効かということを
つぶさに知ることができました。

この就職対策講座で身につけた力は、
難関といわれるマスコミ面接はもとより、
他の企業面接でも、充分通用することは言うまでもありません。

早稲田大学国際教養学部を受験したみなさん、
キミたちの内定を確実なものにします。
興味があったら、ご連絡ください!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学法学部の受験生とご父兄の方へ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。 

早稲田大学法学部入学試験

【早稲田大学法学部を受験したみなさんとご父兄の方へ】

 20年前のある日、
「国語は学校で習ってきたけれど、
日本語はまだ習ったことがないから、だから…」
と言って、就職活動を目の前にした
早稲田大学の学生が訪ねてきたのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座の始まりでした。

キミたちの大先輩がここで使った、「国語」と「日本語」の間に、
どんな違いがあるのかは、ひとまずおくとして、
なんとなく、キミにも、この先輩の気持ちがわかりませんか?
彼は、入社試験にエントリーシートや面接があることを知って
初めて「日本語」を、まだ習ってないという焦りを感じたのだと言いました。

彼だけではありません。
受験対話総合研究所を訪れる大学生たちは、
自分の人生を決める「エントリーシートや入社面接」という現実とぶつかって、
困惑したと言います。

だって、これまでは、大人に何か聞かれても、
「はあ、別に」「まあ、そんなところです」とつぶやいていればよかった。
ところが、今度はそうはいかない。
そうはいかないばかりか、大事な人生を左右する「面接」で、
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければいけない。

しかし大学生たちは、大人と「ちゃんと話す」とは、どうすることなのか。
そこのところがよくわからない。
何が「ちゃんと」の中身なのかも教わってないし、
「ちゃんと」話す技術も教わってきていない。
これが、就職活動を目前にした大学生たちの悩みで、
今も変わっていなのです。

就職活動を目前にして、
このような不安や悩みを抱えなくいいように
キミたちの大学生活を完璧にサポートして、
就職内定がでるまでお世話をするのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座です。

受験対話総合研究所では、
早稲田大学法学部を受験したみなさんが、
2年半後、
人生を左右する就職試験で成功するように、今からお手伝いをします。

これから合格発表がありますが、
4月から通うことになる大学が、
第一志望の大学でも、第二志望の大学でも
第三志望の大学でもいいのです。
次の就職試験が、キミたちの人生を左右するのです。

早稲田大学法学部を受験したみなさん、
「あの時、こうすればよかった」などと言わない生き方をしよう!
大学生活の一瞬一瞬を充実させ、
スムーズに社会人になるための準備を
「受験対話」の就職対策講座ではじめましょう。
4月から通う大学が決まったら、ご連絡ください!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学スポーツ科学部の受験生とご父兄の方へ

こんにちは。
大学生の就職指導(就職対策講座)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

早稲田大学スポーツ科学部入学試験

【早稲田大学スポーツ科学部を受験したみなさんとご父兄の方へ】

20年前のある日、
「国語は学校で習ってきたけれど、
日本語はまだ習ったことがないから、だから…」
と言って、就職活動を目の前にした
早稲田大学の学生が訪ねてきたのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座の始まりでした。

キミたちの大先輩がここで使った、「国語」と「日本語」の間に、
どんな違いがあるのかは、ひとまずおくとして、
なんとなく、キミにも、この先輩の気持ちがわかりませんか?
彼は、入社試験にエントリーシートや面接があることを知って
初めて「日本語」を、まだ習っていないという焦りを感じたのだと言いました。

彼だけではありません。
受験対話総合研究所を訪れる大学生たちは、
自分の人生を決める「エントリーシートや入社面接」という現実とぶつかって、
困惑したと言います。

だって、これまでは、大人に何か聞かれても、
「はあ、別に」「まあ、そんなところです」とつぶやいていればよかった。
ところが、今度はそうはいかない。
そうはいかないばかりか、大事な人生を左右する「面接」で、
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければいけない。

しかし大学生たちは、大人と「ちゃんと話す」とは、どうすることなのか、
そこのところがよくわからない。
何が「ちゃんと」の中身なのかも教わってないし、
「ちゃんと」話す技術も教わってきていない。
これが、就職活動を目前にした大学生たちの悩みで、
今も変わっていないのです。

就職活動を目前にして、
このような不安や悩みを抱えなくいいように
大学の合格発表があったその日から就職内定がでるまで、
キミたちの大学生活を完璧にサポートするのが、
受験対話総合研究所の就職対策講座です。

受験対話総合研究所では、
早稲田大学スポーツ科学部を受験したみなさんが、
2年半後、
人生を左右する就職試験でスムーズに社会人になれるように、
今からお手伝いをします。

これから大学の合格発表がありますが、
4月から通うことになる大学が、
第一志望の大学でも、第二志望の大学でも、第三志望の大学でも
それはそれです。
次の就職試験が、キミの人生を左右するのです。

早稲田大学スポーツ科学部を受験したみなさん、
「あの時、こうすればよかった」などと言わない生き方をしよう!
受験対話総合研究所の就職対策講座では、
キミたちが、大学生活の一瞬一瞬を充実させながら、
スムーズに社会人になれるように、
一人一人の学生と向き合って歩いていきます。

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学高等学院入学試験!

こんにちは。
受験対話総合研究所の平野伸明です。

早稲田大学高等学院入学試験(早稲田大学)

先日、早稲田大学で、
早稲田大学高等学院の入学試験が行われました。
附属高校生の強みは、
何と言っても、大学入試問題にとらわれずに、
勉強ができることですね。

受験対話総合研究所では、
この20年、早稲田大学の学生のための「日本語教室」
という講座で、
現在、国際社会で活躍している多くの早大生を育ててきました。
このプロセスで、大事だとわかったことは、
外国人を相手に、魅力的に、かつ迫力を持って交渉したり、
日本のことを、きちんと説明できる基礎能力を
就職活動を始める前までに育てておくことでした。

附属高校生は、
大学の入学試験を考えなくていいので、
高校時代の3年間と、大学(就活前)の2年間の合計5年間を使って、
日本の政治、経済、文化の吸収を十分にやる時間があります。

特に、「日本語」の読み、書き、話す、聞くという能力を
この5年間をかけて、じっくり育てておくと、
就職活動に必要な、エントリーシートや面接などで、
他を寄せ付けない力を発揮して、
内定を確実なものにできるのです。

現在、国際的に活躍している先輩たちは、
みな「魅力ある日本人」なのだということ。
そして、日本人として一級品でないと、
どんなに外国語がきれいにしゃべれても、
相手にされないということを
高校生のみなさんは、
しっかり理解しておくことが大切です。

附属高校の学生のみなさん、
「日本通になっておくことが、国際人への近道」なのです。
では、どのような勉強をすればよいのか。
興味のある方は、
メールでご連絡をいただければと思います。

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田高等学校卒業式!

こんにちは。
大学生の就職指導(就活支援)でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

今日は、早稲田大学の大隈講堂で、
早稲田高等学校の卒業式がありました。

受験対話総合研究所では、
すでに大学の入学が決まっている高校生を対象に、
『就職活動準備講座』をスタートさせています。

「今の若者の言葉は…」という叱責の声は、大人から聞こえてくるけれども、
具体的にどうすればよいのか、誰も教えていません。
親も教師も。
だけど若者たちは、これから、
大事な人生を左右する就職活動という現実にぶつかることになる。
早めに、なんとかしなくっちゃならない。

そのような危機感を持った高校生たちが、
受験対話総合研究所で勉強を始めています!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の入学試験が始まります!

こんにちは。
大学生の就職指導でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。

今年も、早稲田大学の入学試験が始まります。
受験対話総合研究所では、
すでに、AO入試や推薦入試で入学を決めた高校生や
附属高校の学生たちが、
社会人になるために必要な「日本語」の勉強を始めています。

高校生たちは、言います。
「今まで、国語は習ってきたけれど、日本語はまだ習ってなかった。
 だから…」

たとえば、これまでは、大人に何か聞かれても、
「別に」「そんなところです」と、つぶやいていればよかった。
ペーパーテストさえできれば、優等生でいられたのです。
ところが、次(就職)は、そうはいかない。
大事な人生を左右する、就職のエントリーシートや面接で、
未知の人の心に届く文章をちゃんと書かないといけない。
また、未知の人と向き合って、ちゃんと話さなければならない。

みなさんは、この「ちゃんと書く」「ちゃんと話す」とは、
どうすることなのか、わかりますか?
きっと、「ちゃんと」の中身も教わってないだろうし、
その技術も教えてもらってない学生がほとんどでしょう。

大学の入学が決まっている学生たちは、
次の目標に向けて、もう勉強を始めています。

2月の本試験で合格を決める学生さんも
合格発表があったら、
受験対話総合研究所にご連絡ください。

次の試験が、あなたの人生を大きく左右します。
準備の開始は、早めの方が、ぜったいに有利なのです!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

就職対策講座  2月コースがスタートします!

こんにちは。
大学生の就職対策講座でおなじみの
受験対話総合研究所の平野伸明です。
就職対策講座の2月コースがスタートしますが、
1月には、大学生からの問い合わせが多数ありました。
そのほとんどが、
講座のタイトルについての質問から始まりました。
「大学生のための『日本語教室』とあるが、
就職活動に、どのように役立つの?」というものです。
みなさん、考えてみてください。
内定がもらえるということは、
みなさんの「ことば(日本語)」を
大人が信じてくれたということなのです。

人にはそれぞれ自分の「ことば」があります。
みなさんも、みなさんの人生の色に染まった「ことば」を持っているのです。
面接官の心に届くのは、
「確かな響き」のある「誠実なことば」です。

みなさんも、自分のことば(日本語)を磨いて、
内定を確実なものにしましょう!

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学でも「あけおめー」!

こんにちは。
受験対話総合研究所の平野伸明です。

新年の東京大学の校舎です!

東京大学での授業が始まりました。
教室に入ってくる学生たちの
「あけおめー」の連呼は、
どうも、好きになれません。

ほんのちょっとしたあいさつ、身のこなしで、
好ましいかどうかの印象が大きく動きます。

東京大学の学生も、就職活動開始です!

あいさつなどしなくても、勉強ができれば
いいじゃないか、と思っている学生が多いけれど、
権力を持つ人たちは、若者たちの能力より、
○○の方が好きなのです。

さて、この○○には、何が入るでしょう?

ヒントは、夏目漱石の『虞美人草』にあります。

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。
■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分

まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

就職活動、本格始動!

こんにちは。
受験対話総合研究所の平野伸明です。

さて、今年も、大学生の就職活動が本格的に始まりました。
大学生のみなさん、準備は万全でしょうか?

卒業生による業界研究会(東京大学)
卒業生による業界研究会(東京大学)

受験対話総合研究所では、
大学1年生の4月から、就職活動の準備講座がスタートしています。
ですから、各大学で、就職講座が始まる時期には、
受講生たちは、社会人になるための基礎力を身につけていて、
今日、面接が行われても、採用官を退屈させないだけの力を持っているのです。

たとえば、ある大学生が書いた文章が、付け焼き刃か、
それとも学生が本来持っているものなのかは、
眼力がしっかりしている採用官ならば、簡単に見抜きます。
だからこそ、1年生から、じっくりと自分を磨いていくことが必要なのです。

就職活動、本格始動!(早稲田大学キャリアセンター)
就職活動、本格始動!(早稲田大学キャリアセンター)

勉強もそこそこ、サークルもそこそこ、バイトもそこそこという
大学生が多いから、
小論文を書かせても、たかし君とよしお君は、大差のない中身です。
面接をしても、入れかわり立ちかわり現れる学生のほとんどが、
似たり寄ったりです。
採用官に、「ああ、またか」と思われないようにするためには、
どうとたらいいと、キミは思いますか?

2月・3月集中! 就職活動を始める大学生のための「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
他人がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。

みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。

しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、この2月・3月に大学生が集中して勉強できる、
社会人になるための「日本語」実践講座を開きます。
毎年、第一志望の会社に内定をもらえる学生が続出する人気の講座です。

■2月・3月 全8回
■時間    1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople
ページ上部に戻る

地方大学の学生のための 社会人に必要な「日本語」通信添削講座!

イメージ写真

大学1年生の4月から講座は始まります。週に一度のやり取りを続けます。
就職活動の時期には、社会人に必要な日本語が身についています。

エントリーシートや面接で、社会人にふさわしい日本語力があることが、自然な形で伝わります。内定が確実なものになります。
まずは、お問い合わせください!

地方大学に通う学生のための 日曜日集中就活準備「日本語講座」!

イメージ写真地方の大学に通う大学生のみなさんは、東京の学生たちが学んでいる、社会人になるための日本語の勉強が、どのようなものなのか気になっていると思います。

この講座は、普段、『受験対話』に通えない大学生に、社会人に必要な日本語の力を身につけてらうための個別の集中講座です。
受講した学生からは、「東京の学生に負ける気がしなくなった!」という声が多く、毎年、第一志望の会社に入る学生が多く出る人気の講座です。
まずは、お問い合わせください!