ブログ

日本女子大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

こんにちは。

日本女子大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

倉本聰氏(朝日新聞)

倉本聰氏(朝日新聞)

 

受験対話総合研究所では、

日本女子大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。 4月生は満員になりました。

 

 

朝日新聞に劇作家の倉本聰さんの記事がありました。

朝日新聞記者の「聞き書き」です。

 

この記事を、日本女子大学の新入生のための授業の教材にしました。

まなぶ・朝日新聞、「まなあさ」です。

120分の授業時間中、参加者(学生たち)の発言が続き、盛り上がりました。

この記事を通して、何が勉強できたのか。なぜ、話が盛り上がったのか。

ここでは、書きませんが、

「こんな勉強、初めてでした!」

「こういう勉強が、これから始まるって、嬉しい!」

「受験勉強と全然違って、ワクワクしちゃった!」

「1つの新聞記事から、ここまで色々なことが読み取れるとは!」

など、受講生たちの声が集まりました。

 

新入生のみなさん、

まずは、思考回路としてこれまで身に付けてしまった

「受験勉強の枠組み」を壊すこと!

それは、今までやらされてきた勉強とはいったい何だったのか

を検証すること。大学生の勉強は、ここから始まります。

 

新入生のみんな、待ってるよ!

 

  5月生  日本女子大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、日本女子大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、日本女子大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

こんにちは。

東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

参議院予算委員会の質疑のやり取り

参議院予算委員会の質疑のやり取り

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。 4月生は満員になりました。

 

 

現在、東京大学の新入生のための就職準備「日本語」講座では、

合格者たちが、これまで教育を受けてこなかった、

すっぽり抜け落ちている能力の養成プログラムが始まっています。

 

東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

正解を当てる勉強は卒業です。

 

新入生のみなさん、待ってるよ!

 

  5月生  東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、東京大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

こんにちは。

慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

佐伯啓思氏(京都大学名誉教授)

佐伯啓思氏(京都大学名誉教授)

 

受験対話総合研究所では、

慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。 4月生は満員になりました。

 

 

受験対話総合研究所で学ぶ学生たちが、

尊敬している大学人に、佐伯啓思氏がいる。

 

最近の大人は、「大事なこと」を子どもに話さなくなりました。

「大人が、子どもになっている」せいかもしれません。

大人が、「大事なこと」に、本当に気づかなくなってしまったのかな。

 

慶應義塾大学の学生のための就職準備「日本語実践講座

慶應義塾大学の学生のための就職準備「日本語実践講座

 

ただ、ちゃんとした学生たちは、

ちゃんとした大人の話を聞きたがっています。

 

「佐伯啓思氏の文章から教わることは多い」

これは、ちゃんとした大学生たちの言葉です。

 

新入生のみなさん、一緒に学びましょう。

待ってるよ!

 

  5月生  慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、慶應義塾大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶應義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

就職活動って何んだろう?

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

合同企業説明会

合同企業説明会

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。 4月生は満員になりました。

 

 

大学生の就職活動が始まりました。

受験対話総合研究所で学んでいる大学生たちは、

他の大学生と違う動き方をしています。

彼ら、彼女らは、「企業から声がかかる学生たち」です。

こういう学生たちは、就職を目標にしてません。

1年生の4月から、ライフテーマの追求をしています。

この時期も、休むことなく、続けています。

 

第六回 医療法学シンポジウム(早稲田大学)

第六回 医療法学シンポジウム(早稲田大学)

 

例えば、『少子高齢社会を乗り越える医療制度の実現に向けて』と

というシンポジウムに出席すること。

これからの「医療問題」は、全ての国民が考え、

知恵を出し合わなくてはいけない問題です。

 

大学生として「学び」続けること。

※ この「学び」の中身が問題になります。

「謙虚に学び続けている学生」は、企業と太いパイプでつながります。

不思議なものです。

1年生のみなさんが、これから、「何を」「どのように」学ぶのか。

 

認知症高齢者による他害リスクの社会化(早稲田大学)

認知症高齢者による他害リスクの社会化(早稲田大学)

 

キミたちには、就職活動に悩む時間はありません。

解決しなければならない問題が、もっともっとあるからです。

1年生の4月から、しっかり「学んで」ください。

企業の方から、「ぜひウチに来てくれ!」と声がかかります。

 

新入生のみなさん、待ってるよ!

 

  5月生  早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

こんにちは。

東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

ミッドタウン〔六本木〕

ミッドタウン〔六本木〕

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。 4月生は満員になりました。

 

 

昨日は、東京大学の合格者たちと六本木で会いました。

Tという塾に通い大量の宿題をこなしながら、御三家といわれる学校を卒業して

東京大学に合格した彼、彼女らと、お茶を飲みながら、

おしゃべりを楽しみました。

 

ミッドタウン〔六本木〕

ミッドタウン〔六本木〕

 

テーマは、年々落ちて行く東大生の「ことばの力」について。

なぜ、東京大学の学生の「ことばの力」が落ちているのか?

※ 東京大学だけではありませんが。

東京大学に合格するための勉強に、注目すべき点がありますね。

毎年、合格者たちから同じ話を聞くので、私たちは注目しています。

今年も、まったく同じ話を聞きました。

※ ここでは、内容について書きませんが…

 

最後に、一緒に出席していた、受験対話総合研究所で学んでいる

東大の学生たちが、新入生に自分の体験を語ってくれました。

 

「大学が合格者を選ぶ基準は、大学の事情で決めています。

入試の勉強というのは、大学の要求に合わせてあげるだけですから、

『自分は自分だ』と考えた方がいい。

自分が考える、大学生としてふさわしい能力を、

自分で判断できる『ものさし』を持つことが大切です。

合格したキミたちは、東大合格を手に入れるために

自分が、「何を」「どのように」学んできたのかを検証し、

欠けている部分を補う勉強から始めるといい」

 

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

先輩たちの話を、合格者たちは、ちゃんと理解してくれたようです。

このことも、もちろんよかったのですが、

後輩たちに、自分の体験を語る先輩達を見て、ちゃんと育っているのだとわかりました。

本当にうれしかった!

 

新入生のみなさん、待ってるよ!

 

  5月生  東京大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、東京大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

春ですね!

 

こんにちは。

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田大学大隈講堂

早稲田大学大隈講堂

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。  4月生は満員になりました。

※早稲田大学のAO・推薦入試合格者のための講座は、昨年12月から始まっています。

 

 

今日は、参議院予算委員会質疑のビデオを見ながらの勉強が終わってから、

学生たちと散歩を楽しみました。

 

新江戸川公園

新江戸川公園

 

神田川の遊歩道を5分ほど歩き、新江戸川公園に行き、

ゆっくり、ひなたぼっこを楽しみました。

ただ、花粉症の学生たちが、鼻をぐすぐすさせはじめたので、

大学に戻り、いつもの喫茶店で、お茶を楽しみました。

 

お茶を楽しみました。

お茶を楽しみました。

 

学生たちとのおしゃべりのスタートは、京都大学の佐伯名誉教授の文章でした。

「大学は、社会から距離をおく分、社会の動向からは多少ズレている。

それは多忙を極め、常に成果を求められるビジネスの論理とは異なった

論理と精神をもっている。これを特権といえば特権であろう」

 

約2時間。上智大学の学生たちも交じって、

「インタビューの仕方」という話題を中心に、語り合いました。

 

  5月生  早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、早稲田大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

朝日新聞  西村欣也記者に感謝!

 

こんにちは。

慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

EYE西村欣也(朝日新聞)

EYE西村欣也(朝日新聞)

 

受験対話総合研究所では、

慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。  4月生は満員になりました。

※慶應義塾大学のAO・推薦入試合格者のための講座は、昨年12月から始まっています。

 

 

受験対話総合研究所で学んだ大学生、大学院生が、マスコミで活躍しています。

※ 今のマスコミで「活躍する」という表現には、色々な意味があります。

彼、彼女らが、学生時代に朝日新聞の読み、

教えてもらうことが一番多かった記事は、西村欣也さんが書いたものでした。

マスコミ人になった彼らは、今も、西村さんの記事を読んで学んでいます。

 

慶應大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶應大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

その西村さんが担当していた

『EYE 西村欣也』が最終回になりました。

 

今日の授業で、大学生たちは、

「西村さんには、これからも、朝日新聞で書き続けてほしい」

と言っていました。

 

朝日新聞社の「教育分野」事業のタイトルは、『まな朝』です。

「西村欣也記者の記事から学ぶ」を続けてきた学生たちは、

西村さんの最後の記事を材料に、3時間語り合いました。

 

「手書き」で仕事をしてきた記者が書く記事と、

最初から「パソコン」で仕事をしている記者の書く記事が、違うように思います。

西村さんの記事の魅力は、手書きで原稿を書いていた時代に「養われ力」にある

のではないか。学生たちは話していました。

 

繰り返しになりますが、

「西村さんに、記事を書き続けてほしい」と学生たちは言っています。

 

  5月生  慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、慶應義塾大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶應義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

日本大学芸術学部放送学科の新入生のための「日本語」実践講座

 

こんにちは。

日本大学芸術学部放送学科の新入生のための「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

慶應義塾大学三田キャンパス

慶應義塾大学三田キャンパス

 

受験対話総合研究所では、

日本大学芸術学部放送学科の新入生のための「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。  4月生は満員になりました。

 

早稲田大学大隈講堂

早稲田大学大隈講堂

 

昨年から、日本大学芸術学部放送学科のAO入試が、

アナウンサー志望者に限定した募集を始めました。

ここを目指す高校生たちが、大学生のアナウンサー試験合格者の話を聞いて、

受験対話総合研究所を訪ねてくるようになりました。

 

しかし、私どもでは、大学受験生の指導はしていません。

大学生が、アナウンサー試験を受験するときのお手伝いをしているだけなので、

「来年、大学生になったら、いらっしゃい」と高校生たちに言いました。

その彼女たちが、今日、訪ねて来てくれました。

 

慶應大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶應大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

キミたちが、日本大学芸術学部放送学科で学びながら、

アナウンサー志望の慶應義塾大学や早稲田大学の学生たちと同じように、

「ことば」の勉強を徹底して行えば、

早慶の学生を越える実力を身につけることができるでしょう。

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

受験対話総合研究所での勉強は、大学の入学試験の勉強とは違います。

選択肢が選べる、抜き出せる、穴埋めができる、記述ができると、

出題者の用意している正解を当てると、

「キミ、読解力があるねー」と評価するような世界ではありません。

 

まず、キミが入試で書いた「合格小論文」を見直すところから始めます。

 

辛いですよ。苦しみの連続です。

早稲田や慶應の学部生、院生も泣きます。

しかし、苦しみながら「話したり」「文章を書く」のは、

大学生たちが、その「話」や「文章」を売り、

それで生活していこうとするからです。本業にするためです。

だから当然のことなのです。

それでも「やる!」と決めた学生だけ来てください。

 

新入生のみなさん、待ってるよ!

 

  4月生  日大芸術学部放送学科の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
4月から、日本大学芸術学部放送学科の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、日大芸術学部の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■4月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

こんにちは。

慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

福澤諭吉(慶應義塾大学)

福澤諭吉(慶應義塾大学)

 

受験対話総合研究所では、

慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。  4月生は満員になりました。

※慶應義塾大学のAO・推薦入試合格者のための講座は、昨年12月から始まっています。

 

 

慶應義塾大学の合格者たちが、受験対話総合研究所を訪ねてきてくれました。

彼、彼女たちの前で、先輩たちが、苦しんで文章を書いている姿を見てもらいました。

新入生が経験してきた、大学入試の小論文とは違う「ことば」の世界です。

受験生は、合格すると、「私の文章は、大学が認めてくれた文章だ」と勘違いする。

なぜキミの書いた文章を、大学の先生が認めるのですか?

認めるのであれば、大学側に、何か事情があるからですよ。

入学式が終わったら、自分が入試で書いた小論文について調べてみるといい。

読んでくれた採点官に何が届いたのか。どうして合格点がついたのか、確かめてみるのです。

大学での勉強は、ここから始まります。

 

慶應大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶應大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

今日、訪ねてきてくれた新入生たちは、

先輩たちの「文章修業」「人間修業」をちゃんと見てくれました。

「今までの勉強とは違うんだ」と言った男子学生がいました。

そう、今まで「勉強」としてやらされてきたことは、いったい何だったのか?

このあたりから、勉強しよう。

 

新入生のみなさん、待ってるよ!

 

  5月生  慶應義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、慶應義塾大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶應義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

上智大学 『首相官邸の前で』小熊英二監督

 

こんにちは。

上智大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

首相官邸の前で(上智大学)

首相官邸の前で(上智大学)

 

受験対話総合研究所では、

上智大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座の

5月生を募集しています。  4月生は満員になりました。

※上智大学の公募推薦入試合格者のための講座は、昨年12月から始まっています。

 

 

『首相官邸の前で』小熊英二監督。

上智大学で、この映画を見た学生が12人、

受験対話総合研究所を訪ねてきてくれました。

 

お茶を飲みながら、話を楽しみました。

映画についていろいろ話した後で、彼、彼女たちの希望を語ってくれました。

 

それは何か。

放送記者や新聞記者が聞けない(聞かない)、

「政治家から本音を引き出せる、インタビュアになりたい」ということでした。

選挙権の年齢引き下げによって、新たな有権者になる若者たちに、

テレビや新聞には出てこない、政治家の「人間力の情報」を発信していきたいというのです。

 

読売新聞投稿欄『気流』

読売新聞投稿欄『気流』

 

【大学生の声】

「街を歩いていると、政治家のポスターが貼ってある。

どうして、あのような笑顔なのか。ポスターを撮るとき、

自分の当選だけを考えているから、あの笑顔ができるんだろう」

「選挙権が与えられる若者たちは、あの笑顔の政治家たちの

人間としての本当の姿を、見極めないといけない」

「まずは、彼らが、いったい何を言い、何を実現してきた大人なのか、

根拠を示しながら話してもらわないといけない。そして、質問する」

「NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日を見ていても、

政治家の本当の姿がわからない。朝日新聞、読売新聞を読んでもわからない。

政治部の記者って、なぜ、国民の知りたいことを質問しないのか。

社会部の記者に政治家を自由に取材させると、面白く、

若者たちに役に立つ記事になるのではないか」

「大人たちは、候補者の口から何を聞き、どんな行動(実績)、

どんな内容を信じて投票しているのか」

「当選した議員の、その後の働きぶりを確認している有権者はいるのか」

「レベルの高い選挙民なら、レベルの低い候補者を選ぶはずがない」

「税金を、一円たりとも無駄にしない人物を見極めるにはどうしたらいいのか」

「私を当選させないとは、有権者のみなさんは、お目が高い」と言わせるくらい、

有権者が賢くならないとダメだろう。

学生たちから、いろいろな意見が出てきて盛り上がりました。

 

 

この日、学生の持ってきた2月24日の読売新聞の投稿欄『気流』に、

『国会 若者に響く論戦を』

『議員の候補者選考を慎重に』

という題の、2つの投稿がありました。

 

ちゃんとした大人の意見は、若者たちの励みになっていました。

大人のみなさん、ぜひ自分の考えを若者たちに語ってください。

ちゃんとした大人の話を聞きたがっている若者は、います。

 

 

今回の話は、訪ねてきてくれた上智大学の学生たちだけでなく、

受験対話総合研究所で「ことば」について学んでいる

東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学などの学生たちを集めて、

大きな流れを作れるようにしていきます。

ただし、政治家を相手に、大学生が当たり障りのないことを聞いて

記事にすることが目的ではありません。

選挙権をもらう若い世代の人たちに、役に立つ情報を届けることが目的です。

政治家が、学生たちに、「ぜひ、自分の味方になってほしい」と言うくらい、

能力を身につけて臨まないと、ちゃんとしたインタビュー記事は書けません。

真剣勝負です。

 

大学生たちに、緊急招集をかけます。

若者たち、これからもっともっと、話をしよう。勉強しよう。

みんな、待ってるよ!

 

  5月生  上智大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
5月から、上智大学の新入生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、上智大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■5月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople
ページ上部に戻る

地方大学の学生のための 社会人に必要な「日本語」通信添削講座!

イメージ写真

大学1年生の4月から講座は始まります。週に一度のやり取りを続けます。
就職活動の時期には、社会人に必要な日本語が身についています。

エントリーシートや面接で、社会人にふさわしい日本語力があることが、自然な形で伝わります。内定が確実なものになります。
まずは、お問い合わせください!

地方大学に通う学生のための 日曜日集中就活準備「日本語講座」!

イメージ写真地方の大学に通う大学生のみなさんは、東京の学生たちが学んでいる、社会人になるための日本語の勉強が、どのようなものなのか気になっていると思います。

この講座は、普段、『受験対話』に通えない大学生に、社会人に必要な日本語の力を身につけてらうための個別の集中講座です。
受講した学生からは、「東京の学生に負ける気がしなくなった!」という声が多く、毎年、第一志望の会社に入る学生が多く出る人気の講座です。
まずは、お問い合わせください!