ブログ

早稲田青空古本市

 

 

こんにちは。

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

早稲田青空古本市(早稲田大学)

早稲田青空古本市(早稲田大学)

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

9月生を募集しています。6月、7月、8月生は満員になりました。

 

 

 

毎年恒例の『早稲田青空古本市』が、早稲田大学で行われています。

毎年学生たちには、古本市に行ってもらい、本を選び、『書評』を書いてもらっています。

来週には、『書評』の発表会があります。

学生たちは、図書館で、類書を読んだり、作家の他の作品を調べたりして準備をしています。

 

早稲田青空古本市(早稲田大学)

早稲田青空古本市(早稲田大学)

 

『書評』作りに際して、学生たちに紹介したのは、小泉信三氏の言葉です。

 

「本を読んで物を考えた人と、まったく、読書しないものとは、

明らかに顔がちがう。ある人は、読書家が精神を集中して細字を見ることが、

その目に、特殊の光を生ぜしめ、これが読書家の顔を造るといったが、

あるいはそうかも知れない。しかしひとり眼光に限らない。

偉大な作家、思想家の大著を潜心熟読することは、人を別心たらしめる。

それが人の顔にあらわれるのは当然であろう」

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

自分の顔に責任を持つためには、読書が大事なのですね。

 

学生たちが、どのような『書評』を発表してくれるのか、

楽しみにしています。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  9月生   早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
9月から、早稲田大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■9月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶應義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶應義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

受験対話総合研究所では、

慶應義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

9月生を募集しています。6月、7月、8月生は満員になりました。

 

 

 

連休は、今日で終わりですね。

昨日は、慶応義塾大学の学生たちと静岡へ。

 

昨日の富士山

昨日の富士山

 

また、刺身を食べてきました。

 

刺身の3点盛り

刺身の3点盛り

 

料理の命は何か?

いうまでもなく、鮮度のいい材料です。

とれたての魚であれば、ぶつ切りにして、醤油をつけたたけでうまい。

さっと火であぶっただけでもいい。

 

くじらのベーコン

くじらのベーコン

 

 

文章の命も、鮮度のいい材料です。

 

 

また食べに行こう。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  9月生   慶應義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
9月から、慶應義塾大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶應義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■9月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

東京大学安田講堂

東京大学安田講堂

 

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

8月生を募集しています。5月、6月、7月生は満員になりました。

 

 

 

今日、東京大学の学生の勉強会に、韓国からの留学生が来てくれました。

最近のニュースを見てもわかるように、

韓国の学生たちは、日本にいても、緊張感をもって毎日を暮らしていました。

留学生たちは、日本の学生とは顔つきが違っていた。

わかりやすくいえば、ハングリーなのです。

 

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

韓国から来ている学生たちの目は、獲物を狙う動物の目のようでした。

 

東京大学

東京大学

 

目つきだけでなく、教室内での立ち方や歩き方も、日韓では差がありました。

留学生たちは、立居振舞がシャキッとしていた。

 

今日は、日本の学生と韓国の学生に、同じテーマで文章を書いてもらいました。

 

目に生気のあふれた若者の書く文章は、つたなくてもおもしろい。

これは、間違いない!

 

みんな、待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  8月生   東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
8月から、東京大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■8月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

佐伯啓思氏(京都大学名誉教授)の文章

佐伯啓思氏(京都大学名誉教授)の文章

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

8月生を募集しています。5月、6月、7月生は満員になりました。

 

 

 

今日、早稲田大学の学生との勉強会がありました。

休憩時間の話題は、佐伯啓思氏(京都大学名誉教授)の文章についてでした。

 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

この講座で学ぶ学生たちは、佐伯氏のファンが多いのです。

今回、学生たちが話し合っていたのは、佐伯氏の文章の以下の部分です。

 

「道徳の基本といえば、私には次のようなものだと思われる。

●卑怯なこと(たとえば弱いものいじめ)はしない、

●友人を裏切らない、

●世話になったものへの恩義を大切にする、

●社会に対しては礼節を疎かにしない、

●嘘は(必要な場合を除いて)つかない、

●不正に対しては(力に応じて)戦う勇気をもつ。

(略)

これは社会生活の基本である。

かつては、これぐらいのことはほぼ常識であった」

 

早稲田大学の学生達が使っている辞典

早稲田大学の学生達が使っている辞典

 

毎年この時期、大学の新入生たちと話していて驚くのは、

上記の佐伯先生の文章のような内容の話を、

大人と、ほとんどしないらしいことです。

何も特別なことや、むずかしい話をしなくてもいいのです。

大人が、自分の考えや体験を、子どもに話せばすむことなのですが…

道徳について、身をもって語れる大人がいなくにったということでしょうか。

 

佐伯先生のこの「ことば」を読んで、何かを感じた学生は、

ぜひ研究室にメールをください。

キミの話を聞かせてください。

待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  8月生   早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
8月から、早稲田大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■8月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

東大の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東大の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

8月生を募集しています。5月、6月、7月生は満員になりました。

 

 

 

今日、東京大学の新入生のための勉強会がありました。

毎年、新入生は、『東大教師が新入生にすすめる本』をすべて読むことから勉強を始めます。

本を読むときになくてはならないのが辞典です。

言葉の意味や使い方で、少しでも疑問に思ったときは、辞典を見ます。

辞典は大きいものの方がいいです。

 

東京大学の先輩たちが使っていた辞書

東京大学の先輩たちが使っていた辞書

 

 

東京大学の先生方が勧める本は、学問の道に通じる、なるほどと思わせるものが多く、

大学生としての「学び」とは、

どういうものなのかについて、気づかせてくれるものばかりです。

 

東京大学の先輩たちが使っていた辞書

東京大学の先輩たちが使っていた辞書

 

 

文化庁が発表した「国語に関する世論調査」を見ると、

全く本を読まないという大学生のいることが、

珍しくない時代になっていることがわかります。

こういう時代だからこそ、

この講座で学ぶ東大生には、明治時代の「エリート」たちの読書量を目標にさせています。

 

東京大学の学生は、「エリート」にならなくてはいけません。

「エリート」は、問題が起きたとき、責任を他人に押しつけ、

素知らぬ顔を決め込むようなことをしてはいけません。

また、都合が悪くなると、知らなかったふりをしたり、

だんまりを通すようなこともしてはいけません。

自分を守ることを最優先し、自分の手を汚さないようにすることを

第一に考えるようでもいけません。

今こういうことを教えてくれる、「エリート」と呼ばれる先輩がいなくなりました。

だから新入生は、本を読んで、学ぶのです。

 

 

新入生のみなさん、日本語の勉強を始めましょう。

外国語の勉強だけでは、「エリート」にはなれません。

肝心の「母語」の勉強をしないとね。

 

待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  8月生   東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
8月から、東京大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■8月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶應義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶應義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

慶應義塾大学経済学部

慶應義塾大学経済学部

 

 

受験対話総合研究所では、

慶應義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

8月生を募集しています。5月、6月、7月生は満員になりました。

 

 

 

4月20日、慶應義塾大学の塾長に長谷山彰さんが就任しました。

長谷山さんは、「伝統を守りながら、時代に適した教育や研究を強化していきたい」

と述べました。

 

慶應義塾体育会創立125年 『次世代への継承』

慶應義塾体育会創立125年 『次世代への継承』

 

この言葉を聞いた、慶應義塾大学の学生たちが言いました。

「これは、ニューヨーク・タイムスの記者たちがよくする、あの話と同じですよね」と。

つまり、「松明をより赤々と燃やす」ということです。

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

「良き古き伝統を守っているだけではだめだ。

新しい時代に、そして刻々と変化していく社会情勢に会わせて、

あるいはそれに乗り、時に次世代を先取りしていかなければならない」という意味です。

 

慶應義塾大学の学生たちが使っている辞典

慶應義塾大学の学生たちが使っている辞典

 

これは、タイムスや慶応義塾大学だけでなく、

あらゆる企業に、団体に、そして大きくいえば、日本国にとっても大切なことです。

ブログでは、簡単に書きましたが、

この講座で学んでいる学生たちは、しっかり話ができるのです。

 

学生たちは、就職活動で、「重役面接が一番楽しかった」とよく言います。

みなさん、なんとなく、わかるでしょう。

 

1年生のみんな、待ってるよ!

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  8月生   慶應義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
8月から、慶應義塾大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶應義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■8月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

東京大学入学式(朝日新聞)

東京大学入学式(朝日新聞)

 

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

8月生を募集しています。5月、6月、7月生は満員になりました。

 

 

 

今日は、東京大学の新入生との勉強会がありました。

休憩時間には、入学式があったことを伝える朝日新聞の記事と、

取り寄せた、五神真総長の『式辞』の全文を読み、話し合いました。

 

東大の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東大の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

総長は式辞で、

「言葉を大切にしよう。(略)知に裏打ちされた言葉を自ら鍛え上げる必要がある」

と新入生に呼びかけ、

 

東京大学の先輩たちが使っていた辞典

東京大学の先輩たちが使っていた辞典

 

「他者を尊重し、冷静な対話を通じて、真の共感を作り上げる努力を惜しんではならない」と

新入生たちに語りかけていました。

 

東京大学の先輩たちが使っていた『大辞林』

東京大学の先輩たちが使っていた『大辞林』

 

みんな、待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  8月生   東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
8月から、東京大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■8月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

本日の富士山

本日の富士山

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

8月生を募集しています。5月、6月、7月生は満員になりました。

 

 

 

今日は、学生たちと勉強したあと、静岡へ大移動して、お刺身を食べてきました。

 

鮪と鮮魚のお造り

鮪と鮮魚のお造り

 

 

この食事会では、学生が、

「ジューシー」とか「プリプリ」と言ったら、自分の食べた分を払ってもらいます。

 

 

鮪のほほ肉のにんにくバター焼き

鮪のほほ肉のにんにくバター焼き

 

「すごい」とか「すごーい」なんて言ったら、隣に座った友人の分も払ってもらいます。

冗談ですよ。

 

いくらの手巻き寿司

いくらの手巻き寿司

 

テレビを見ていると、「おいしい!」としか言わないレポーターが多い。

「おいしーい!」と言ってギャラをもらえるのだから、

「表現」を考えることなんてしない。一応はプロなのにね。

視聴者のことは考えていないのでしょう。

 

この講座で学んでいる学生たちは、

元NHKの山根基世さんの旅のレポートを研究しています。

こういう勉強が何の役に立つのか、賢いキミならわかるでしょう。

 

大学時代は、さまざまな分野の一流といわれる人と、

どれだけ知り合えるのかが、とても重要です。

これは、自分が一流の人間になろうと思っている若者には必須のことです。

 

まずは、一流と思う人と食事をする時は、

「ジューシー」「プリプリ」「すごーい」「おいしい」は禁句にするといい。

 

みんな、待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  8月生   早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
8月から、早稲田大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■8月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶應パワー丼

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

慶應義塾体育会創立125年

慶應義塾体育会創立125年

 

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

8月生を募集しています。5月、6月、7月生は満員になりました。

 

 

 

昨日は、慶応義塾大学の学生たちと勉強したあと、

みんなで食事をしました。

 

慶應パワー丼

慶應パワー丼

 

いま食堂では、『慶應パワー丼』に力を入れていて、

写真にあるように、おいしそうだったので、

多くの学生が注文しました。

 

ところが、実際に出てきた『慶應パワー丼』が以下の写真です。

 

慶應パワー丼と旨辛豆腐

慶應パワー丼と旨辛豆腐

 

写真と違う。ここから、学生たちとの話がまた始まりました。

特に、マスコミを目指す学生たちとは、丼の話から、

「聞くべきことを聞かずに、権力の監視ができるのか」という話し合いに展開しました。

 

慶應義塾大学

慶應義塾大学

 

写真と違う『慶應パワー丼』を食べながら、どんどん話は進み、

「世の中には、曖昧にしてはいけないことがある」

「いま日本が、たがが外れたようになってしまったのは、全てを曖昧にしてきたからではないか」

という話に。

 

だからこそ「聞くべきことは聞く」。パワー丼も練習材料だ。

いま我々にとって大事な問題は、この丼にある。

慶應義塾大学の三田、日吉にいる学生の中で、『慶應パワー丼』について、

おもしろい話ができる学生はいないでしょう。

みんな黙ってしまう。質問しないからだ。

 

ということで、学生たちと、

「慶應パワー丼って、いったい何?」

「誰が、考えたのか?」

「なぜこの丼が、慶應パワー丼なのだろう?」

様々な疑問を出し合い、取材を開始しました。

 

NHKのキャスターだった磯村尚徳さんは、

「ジャーナリストにはヤンチャ坊主の方が向いているかもしれない」と言われた。

 

この講座では、学校秀才ではなく、闘うことを恐れぬ「慶應義塾のヤンチャ坊主」を育てています。

 

みんな、待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  8月生   慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
8月から、慶応義塾大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■8月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

福澤諭吉(慶應義塾大学)

福澤諭吉(慶應義塾大学)

 

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

8月生を募集しています。5月、6月、7月生は満員になりました。

 

 

 

昨日は、慶応義塾大学の学生たちとの勉強会がありました。

休憩時間の話題は、朝日新聞の天声人語についてでした。

 

天声人語・お詫びと訂正

天声人語・お詫びと訂正

 

最近、朝日新聞では、「訂正してお詫びします」という謝罪文が多いのです。

渡辺紳一郎さん、深代惇朗さん、馬場博治さん、辰農和夫さんら

朝日新聞にスター記者がいた時代とは違ってきました。

 

 

休憩時間に、慶応大学の学生たちと、『天声人語』と『訂正してお詫びします』を

読みながら、朝日新聞社内で何が起こっているのかを読みとりました。

 

慶応義塾大学の学生たちが使っている辞典

慶応義塾大学の学生たちが使っている辞典

 

新聞社の評価は、商品である「紙面の内容」ですべてが決まります。

紙面の確認作業は、大学生が就職先(新聞社)を選ぶときの企業研究になります。

みなさんもやってみてください。

キミは、どのようなことが、読みとれるでしょうか?

 

講座で勉強している学生が、言いました。

「記者の基本は、職人やで!と、あの方の声が聞こえてきました」と。

今の新聞社には、こういう記者が、いないのかもしれません。

 

慶應義塾大学

慶應義塾大学

 

外国語の勉強に熱心なみなさん、日本語の勉強を始めましょう。

外国語の勉強だけでは、りっぱな大人にはなれません。

肝心の「母語」の勉強をしないとね。

 

待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  8月生   慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
8月から、慶応義塾大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■8月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople
ページ上部に戻る

地方大学の学生のための 社会人に必要な「日本語」通信添削講座!

イメージ写真

大学1年生の4月から講座は始まります。週に一度のやり取りを続けます。
就職活動の時期には、社会人に必要な日本語が身についています。

エントリーシートや面接で、社会人にふさわしい日本語力があることが、自然な形で伝わります。内定が確実なものになります。
まずは、お問い合わせください!

地方大学に通う学生のための 日曜日集中就活準備「日本語講座」!

イメージ写真地方の大学に通う大学生のみなさんは、東京の学生たちが学んでいる、社会人になるための日本語の勉強が、どのようなものなのか気になっていると思います。

この講座は、普段、『受験対話』に通えない大学生に、社会人に必要な日本語の力を身につけてらうための個別の集中講座です。
受講した学生からは、「東京の学生に負ける気がしなくなった!」という声が多く、毎年、第一志望の会社に入る学生が多く出る人気の講座です。
まずは、お問い合わせください!