ブログ

学習院女子大学卒業式

 

 

こんにちは。

学習院女子大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

学習院女子大学卒業式

学習院女子大学卒業式

 

 

受験対話総合研究所では、

学習院女子大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

学習院女子大学の学生たちが使っていた辞典

学習院女子大学の学生たちが使っていた辞典

 

この講座で学んでいた学生たちは、全員、希望していた方向で、

社会人として出発できることになりました。

 

いわゆる「就職に成功した先輩たち」であすから、

世間的には、「コミュニケーション力」が優れていた学生となるのでしょう。

でも、この「コミュニケーション力」とは、いったい何なのか。

 

学習院女子大学の学生の就職準備「日本語」講座

学習院女子大学の学生の就職準備「日本語」講座

 

 

学習院女子大学の学生たちは、

「コミュニケーション」を「雑談」「歓談」「閑談」「放談」「商談」「面談」「密談」

と、場面にふさわしい日本語で表現できる能力を持っていた。

 

こういう4年間の学びが、実を結んだ結果だと思います。

さて、これからが、本当に大事なんだ。

 

私たちの師である、国語学者の大野晋先生の言葉を思い出してください。

「母語は、死ぬまで磨くものです」

 

この言葉を、もう一度、胸に刻み込もう。

 

4月から、毎週土曜日に開かれている『サロン』にいらっしゃい。

社会人の先輩たちと、ゆっくり「話」を楽んでください。

待ってるよ。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   学習院女子大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、学習院女子大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、学習院女子大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶応義塾大学の学生のためのアナウンサー・放送記者養成講座

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

新明解・日本語アクセント辞典

新明解・日本語アクセント辞典

 

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

今日は、慶応義塾大学のアナウンサー・放送記者志望の学生たちとの勉強会がありました。

この講座で学ぶ学生たちが持ち歩いているのは、『メモ帳』です。

 

とにかく、私たち人間の記憶はいい加減で不確かです。

※ 国会での答弁や百条委員会の中継を見てもわかるでしょう。

 

ですから、印象に残ったことや感動したことなど、

インパクトがあったものはもちろん、メモ帳に書いておきます。

素直な感想1行でいいのです。

 

これらのメモは、後から思い出すのにとても便利です。

事実の記憶ひとつが、何かの役立つこともあります。

メモがあれば、その時の事柄、人物、雰囲気、会話、あるいは、

ことの後先まで、かなりのものを思い出せます。

学生時代は、この「蓄え」をつくることが大事なのです。

 

メモ帳の中身(質と量)を見ると、

「この子、アナウンサー試験に受かるな」

「この子、放送記者の試験に受かりそうだ」

とわかります。

 

この講座に参加したいという学生には、「メモ帳を持って来なさい」と言います。

キミは、『メモ帳』を持ち歩いていますか?

キミの『メモ帳』には、「何が」「どのように」書いてありますか?

これまで「何を」「どう」充電してきた、キミたちの中身を見せてもらいます。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、慶応義塾大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の学生のためのアナウンサー・放送記者養成講座

 

 

こんにちは。

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

NHK・日本語発音アクセント辞典

NHK・日本語発音アクセント辞典

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

今日は、早稲田大学のアナウンサー・放送記者志望の学生たちとの勉強会がありました。

学生たちが持ち歩いているのは、『アクセント辞典』です。

昔は、地方出身の学生が、お国なまりを直すために、アクセント辞典を使い

矯正していましたが、最近は、東京で生まれ育った若者たちも、アクセントの矯正が

必要になっています。

 

これは、当たり前のことで、

日本の学校は、英語の発音やアクセントは教え、テストまでするのに、

日本語の発音・アクセントを教えることはしません。

みんな、周りにいる大人の影響を受けた「自己流」なのです。

 

最近は、大人も子どもも、鼻濁音を知らなかったり、サ行の発音の怪しい人が

多くなりました。文章を読ませてみると、読解力も怪しい。

 

だから、放送界を目指す若者には、徹底的に「国語教育」を行っています。

 

日本語を正確に使えなければ、考えることも、判断することも、伝えることも

出来ません。当たり前のことです。

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、早稲田大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶応義塾大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

 

慶応義塾大学三田キャンパス

慶応義塾大学三田キャンパス

 

 

今日は、慶応義塾大学の学生たちとの勉強会がありました。

休憩時間に話題になったのは、「カタカナ語」についてでした。

NHK放送文化研究所の資料をみながら、「詐欺語」について話し合いました。

 

「詐欺語」とは、相手を誤解と理解不能な状態に追い込むために、

意図的に使われる言葉です。

「セーフティーネット」「アカウンタビリティ-」「ガバナビリティ-」などは、

詐欺語の代表だとか。確かに、わかるような、わからないような言葉です。

 

意味を正確に理解して、きちんとした判断や批判を行うべき事柄なのに、

カタカナ語で表されているために、それがおろそかになっているとしたら…

 

慶応大学の学生たちから出た例

「アーティスト」って?

「アスリート」って?

「コミュニケーション」って?

「グローバル」って?

「ジューシー」って?

「アクティブ・ラーニング」って?

「ジャーナリスト」って?

「エコノミスト」って?

「経済アナリスト」って?

小池さんの「レガシー」と森さんの「レガシー」って?

 

でるわ、でるわ。

実は、この後が、おもしろかった。

さすがに、慶応大学のトップクラスの学生たちは違います。

ちよっとした雑談からでも、自分のテーマに引き寄せていきます。

 

大学生との勉強は、本当におもしろい。

来週も楽しみです。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、慶応義塾大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

留学するには、「準備」が必要!

留学するには、「準備」が必要!

 

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

 

学生たちとの待ち合わせ場所

学生たちとの待ち合わせ場所

 

 

今日は、留学から帰ってきた学生たちが集まりました。

留学先で、人間関係を築くときに、一番役に立った本は何だったのか。

『俳句歳時記』をあげた学生が多かった。

日本人の生活は、四季を切り離して考えられません。

私たちの生活の下敷きとなるものは「季節感」です。

そして『歳時記』は、日本民族文学の集大成とも言えます。

外国の教養人と話すときの話題の宝庫なのです。 

 

 

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

 「『荒波や佐渡に横たふ天の川』

松尾芭蕉のこの句を紹介しながら、横田夫妻の話をしました」と言った学生がいました。

日本での彼の活動が裏付けにある話だから、外国の教授も興味をもって聴いてくれたのでしょう。

相手の興味を満たすことができないと、真のグローバル人材とはいえません。

 

いま、企業人事の人の間では、

「英語はできても、バカはバカ」という言葉が流行っています。

 

英語で何を話せるのか?

英語を使って、どういう人間関係を築けるのか?

 

ということが大事なのです。

キミの周りに、カッコいい、英語の使い手はいますか?

カッコいい人は、英語を使ってどんな生き方をしているのか、その人をじっくり観察してみよう。

 

大学生のみんな、待ってるよ。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、東京大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

『地理学の本質と地域づくり』宮口教授最終講義

『地理学の本質と地域づくり』宮口教授最終講義

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

宮口先生の最終講義、『地理学の本質と地域づくり』を受けたあと、

 

 

早稲田大学の学生が使っている辞書

早稲田大学の学生が使っている辞書

 

 

学生たちと、ナショナル・インタレスト(国民的利益)について話し合いました。 

 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

学生たちは、大学で何を学ぶのか。

その1つが、「ナショナル・インタレスト」についてです。

この「ナショナル・インタレスト」は、地理学を柱にして、

様々な学問を組み合わせることで見えてきます。

また、自分の「原点」に対する自覚を持つ上でも大切になります。

 

みんな、一流の大学生を目指そう!

※大学名ではく、中身が「一流」の学生です。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、早稲田大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

静かに、静かに、自分の「心」と対話しました。

静かに、静かに、自分の「心」と対話しました。

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

今日は、早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座がありました。

晴れて、気持ちのいい日だったので、授業の後、散歩をしました。

授業が終わると、ときどき、みんなで歩きながら話をします。

歩いて5分くらいのところが、目的地です。

 

学生たちと散歩をしたあと、お茶をしました。

学生たちと散歩をしたあと、お茶をしました。

 

 

今日は新入生たちに、IBMの初代社長、ワトソン氏の言葉を紹介しました。

「よく本を読みなさい」から始まる言葉で、自己啓発の方法なのです。

 

 

場所が変わると、話題も変わります。これが楽しみ。

場所が変わると、話題も変わります。これが楽しみ。

 

 

なぜ、ここで学んだ先輩たちが、

大人から、「会って、話をしてみたい」と言われる若者になるのか。

就職で困ることがないのか。それを、わかってもらいました。

 

 

新入生のみなさん、ひとつ考えてみてください!

キミはこれまで、「あの人の話をじっくり聞いてみたい」と思うような、

魅力のある大人に出会ってきましたか?

大学での科目登録や手続きの時間を抜かせば、入学式まで、時間はたっぷりあります。

これまでキミの周りにいた、どの人と、じっくり話をしてみたいですか?

キミにとって魅力のある大人とは、どんな人でしたか?

考えてみてください。

もし、魅力のある大人がいたら、その人に会いに行き、話を聞きいてみよう。

そこで、「感じたこと」「思ったこと」「考えたこと」を話しにおいで。

待ってるよ。

 

 

新入生のみんな、がんばれ!

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、早稲田大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

受験対話総合研究所では、

東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

今日は、東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座がありました。

ちょうど朝日新聞に、ある企業の広告があり、休憩時間の話題にしました。

 

 

東京大学の学生たちが使っている辞書

東京大学の学生たちが使っている辞書

 

 

まず、この広告文を学生たちに読んでもらい、添削してもらいました。

学生の勉強材料に、とても都合のいい文章でした。

 

 

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

その後、貸借対照表や財務諸表を分析して、企業研究を行いました。

ここでは、詳しく書けませんが、いろいろ企業のことを調べながら、

今なぜ、このような文章(内容)の広告を出したのかを確認しました。

企業の事情がいろいろわかってくると、この広告文は、どのように直すといいのか。

どのような文章の方がよかったのか、意見を出してもらいました。

 

新入生のみなさん、勉強って、本当におもしろい!

おもしろいから、ワクワク、ドキドキする!

みんな、がんばれ!

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   東京大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、東京大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、東京大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

『国会論戦の詳報』(読売新聞)

『国会論戦の詳報』(読売新聞)

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

昨日、早稲田大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座がありました。

新入生たちに、大学の先輩たちがどのように学んでいるのかを見てもらいました。

 

 

早稲田大学の学生たちが使っている辞典

早稲田大学の学生たちが使っている辞典

 

 

「集めて会せず、会して議せず、議して決せず、決して行わず、行って責任をとらず。

これを『怪議』という」。これが昨日のテーマでした。

※「行って責任を取らず」について、思いつく事例を3つあげて説明してみてください。 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

まずは、新入生たちと、森鴎外の『椋鳥通信』を読みました。

明治時代に、海外の様子を伝えたもので、鴎外の滞欧中の見聞や

海外の新聞や雑誌からの記事の紹介があります。

 

この中に、会議についての記述がありました。

「日本人は、会議の間、議論の焦点に目を向けていない。

だからダラダラと時間を食いつぶしている」と。

 

次に、先輩たちが行っていた、参議院予算委員会の「議事録」の検討会を

見てもらいました。

鴎外の指摘は、今日においても、どうやら当てはまりそうでしたね。

 

新入生のみなさん、勉強って、本当におもしろいでしょう。

おもしろいから、ワクワク、ドキドキする!

がんばれ、新入生! 

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   早稲田大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、早稲田大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、早稲田大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople

慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

こんにちは。

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座でおなじみの

受験対話総合研究所です。

 

京都大学名誉教授・佐伯啓思氏の文章

京都大学名誉教授・佐伯啓思氏の文章

 

受験対話総合研究所では、

慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座の

6月生を募集しています。4月、5月生は満員になりました。

 

 

昨日、慶応義塾大学の新入生のための就職準備「日本語」実践講座がありました。

新入生たちに、大学の先輩たちがどのように学んでいるのかを見てもらいました。

 

 

慶応義塾大学の学生たちが使っている辞書

慶応義塾大学の学生たちが使っている辞書

 

 

授業の後、京都大学名誉教授の佐伯啓思さんの文章を読みながら、

「事実」と「真実」というテーマで、大学生と新入生が話し合いをしました。

 

 

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶応大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

入学試験という、「正解」の用意されている世界で生きてきて受験生は、

先輩たちの「考える力」「表現する力」に驚いていました。

 

これまで、聞いたことのない話が、先輩の口から次々に出てきました。

大学に合格し、ホッとしている高校生の「目」と、

「いい仕事をしたい」と、日々自分を磨いている大学生の目は違っていました。

 

ここに気づいてくれた新入生が多かった。

 

新入生のみなさん、今日から、自分を磨こう!

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

授業中は、電話での対応が難しいので、ご面倒をおかけいたします。

よろしくお願いいたします。

 

  6月生   慶応義塾大学の1年生のための就職準備「日本語」実践講座!

大学のキャリアセンター(就職部)で、学生たちの就職相談を聞いていると、
話が堂々巡りして、「この学生さん、何を相談したいのだろう?」と思うことがよくあります。
大学生のみなさんも、他人の話し方の欠点は、よくわかると思うのです。
しかし、自分のこととなると、誰も面と向かって言ってくれませんから、
相手がどう感じているのか、自分では、なかなかわからないのではないでしょうか。
みなさんはこれまで、ひとこと言えば、あとは親や先生が察してくれる
「言葉の世界」で暮らしてきました。
また、人に何事か感想を聞かれても、
「はあ、別に」「ええ、まあ」とつぶやいていれば通用する世界にもいたのです。
しかし今度の、自分の人生を決める「入社面接」では、そうはいきません。
未知の大人と向き合って、ちゃんと話さなければならないのです。
つまり、自分の意思、意見を、相手に、筋道立てて正しく伝える力が必要なのです。
今まで、こうした訓練を受ける機会がなかった大学生には、
どうしても、基礎訓練が必要になります。
受験対話総合研究所では、
6月から、慶応義塾大学の1年生を対象にした、
「日本語」実践講座を開講します。

「さすが、慶応義塾大学の学生だ!」と大人を唸らせることが
できるように、自分の「ことば」を磨いて育てていきます。
■6月  全4回
■時間  1回 90分
まずは、お問合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

▼ブログが気に入ったら、クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ 転職 人気ブログランキングへ BlogPeople
ページ上部に戻る

地方大学の学生のための 社会人に必要な「日本語」通信添削講座!

イメージ写真

大学1年生の4月から講座は始まります。週に一度のやり取りを続けます。
就職活動の時期には、社会人に必要な日本語が身についています。

エントリーシートや面接で、社会人にふさわしい日本語力があることが、自然な形で伝わります。内定が確実なものになります。
まずは、お問い合わせください!

地方大学に通う学生のための 日曜日集中就活準備「日本語講座」!

イメージ写真地方の大学に通う大学生のみなさんは、東京の学生たちが学んでいる、社会人になるための日本語の勉強が、どのようなものなのか気になっていると思います。

この講座は、普段、『受験対話』に通えない大学生に、社会人に必要な日本語の力を身につけてらうための個別の集中講座です。
受講した学生からは、「東京の学生に負ける気がしなくなった!」という声が多く、毎年、第一志望の会社に入る学生が多く出る人気の講座です。
まずは、お問い合わせください!