わせまちマルシェ「閑話休題」(112)

 
 

 

こんにちは。

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

慶應義塾大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

東京大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

でおなじみの受験対話総合研究所です。

 

 

元朝日新聞編集委員 西村欣也氏

元朝日新聞編集委員故西村欣也氏

 

 

受験対話総合研究所では、

早稲田大学・慶應義塾大学・東京大学の学生のための

「マスコミ合格・通信添削スタート講座」を開講しています。

 

この講座は、「朝日新聞に西村あり」と言われた、

名コラムニストの元朝日新聞編集委員・故西村欣也氏との話し合いで生まれました。

西村氏が、病に倒れ亡くなられた後も、西村氏の遺志を継ぎ、「マスコミでいい仕事がしたい」

と考えている大学生たちの「ことばの力」を鍛えています。

 

※現在、早稲田大学・慶應義塾大学・東京大学の学生のための

「マスコミ合格・通信添削スタート講座」が開講しています。

※「添削スタート講座」は、受験対話総合研究所の主席研究員が指導します。

800字の文章を、月に8本書いてもらい、添削指導を行っています。

 

 

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

早稲田大学の学生のための就職準備「日本語」実践講座

 

 

5年前から、早稲田大学のОB・ОGのみなさんから送られてくる文章の添削を続けています。

テーマは、「先輩のみなさん、いま後輩たちに言っておきたいことはありませんか?」です。

わせまちマルシェ「後輩たちに届けたい言葉」で、紹介しています。

今回は、わせまちマルシェ「閑話休題」をお届けします。

 

 

西村欣也氏の文章が、キミを鍛えます。

西村欣也氏の文章が、キミを鍛えます。

 

 

今日は、寒かった。

 

 

大隈講堂(早稲田大学)

大隈講堂(早稲田大学)

 

 

さすがに、大隈講堂前の階段で、座っておしゃべりをしている学生はいませんでした。

 

 

 

■【大学の学生のための就職準備「日本語」添削スタート講座」(通信)】

早稲田大学にお子さんを通わせているお父様、お母様。

お子さんの話を聞いていて、お子さんの書いた文章を読んでみて、

「ウチの子、『自分のことば』としての日本語と、格闘したことがないのではないか?」

と思ったら、ぜひ、この講座の受講を勧めてあげてください。

社会人になるお子さんに、これから一番役に立つ「技術の贈り物」になるはずです。

 

 

※【大学の就職部(キャリアセンター)及び、高校の進路指導の先生方へ】

講演や講座の依頼、お問い合わせは、メールでお願いいたします。

ご面倒をおかけいたします。よろしくお願いいたします。

 

 

 開講中!   早稲田大学の学生のための「マスコミ合格・通信添削スタート講座」!

●故西村欣也氏

●元朝日新聞編集委員

●五輪取材経験7回・プロ野球取材30年

●朝日新聞スポーツ面に署名入り記事「EYE 西村欣也」を
1996年4月2日から2016年2月27日まで
20年間執筆してきた。

●著書 朝日新聞が伝えたプロ野球(小学館)
神の領域を覗いたアスリート(朝日新書)

●イチロー、王貞治、長島茂雄、清水宏保、橋本聖子、ダン・ジャンセン、ボブ・ヘイズなど有名選手を取材してきました。

受験対話総合研究所では、25年前から、西村欣也氏の文章を使い、大学生の「ことば」を育ててきました。大学に入学後、「自分のことば」を育てる努力を始めると、就職活動時に、キミの「自己PR」を読んだ採用担当者から、「キミに会って、話をしてみたい」と連絡が来ます。

マスコミをはじめ一流企業から、「会って、話をしたい」と言ってもらえるようになるために、西村氏の文章を使い、キミに合わせた個別のカリキュラムで授業を行います。早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、東京大学の学生諸君、楽しみにしていてください。

 

《西村欣也氏からあなたへのメッセージ》

確かに、今はネット時代と言われています。

トランプ大統領のツイートに世界が右往左往しています。

しかし、ニューヨークタイムズなどは言論で、論陣を張り、世論の支持を得ています。

新聞だけではありません。

CNNなどもトランプに「フェークニュース」と呼ばれても、事実を伝えています。

まだ、マスコミには底力があるのです。

僕は主にスポーツを取材してきましたが、ニューヨークタイムズの新人記者はまずスポーツ部門に配属されます。そこに人生が凝縮されているからです。

僕は朝日新聞で長年小論文の採点や面接をしてきました。(やらされてきました)

マスコミ受験には、特に書く力が問われます。

門は狭いですが、今までの経験を生かして、スタートラインにつきたいと思う学生のアシストができれば、と思います。(故西村欣也・記)

 

キミに会えることを楽しみにしています。

■2月  添削回数8回
■個別指導 あり
■場所  西早稲田(新宿区)
■費用  スタート講座 1か月 20000円(消費税別、テキスト代込)

詳しくは、このページでお知らせいたします。
まずは、お問合わせ、お申し込みください。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで

 

■七月! 早稲田大学の学生のための「マスコミ合格・添削スタート講座」オンライン

元朝日新聞編集委員故西村欣也氏
元朝日新聞編集委員故西村欣也氏

●故西村欣也氏  ●元朝日新聞編集委員  ●五輪取材経験7回・プロ野球取材30年

●朝日新聞スポーツ面に、署名入り記事「EYE西村欣也」を20年執筆してきた。

●著書 朝日新聞が伝えたプロ野球(小学館)  神の領域を覗いたアスリート(朝日新書)

●イチロー、王貞治、長嶋茂雄、清水宏保、橋本聖子、ダン・ジャンセン、ボブ・ヘイズなど

有名選手を取材してきました。

「受験対話」総合研究所では、25年前から、西村欣也氏の文章を使い、大学生の「ことば」を

育ててきました。大学に入学する前から、「自分のことば」を育てる努力を始めると、就職活動時

に、あなたの「自己PR」を読んだ採用担当者から、「キミに会って、話をしてみたい」と連絡がきます。

マスコミをはじめ一流企業の担当者から、「会って、話をしたい」と言ってもらえるように、西村氏の

文章を使い、君に合わせたカリキュラムで授業を行います。早稲田大学の学生諸君、楽しみにしていて下さい。

【西村欣也氏からあなたへのメッセージ】

確かに、今はネット時代と言われています。

トランプ大統領のツイートに、世界が右往左往しています。

しかし、ニューヨークタイムズなどは言論で、論陣を張り、世論の支持を得ています。

新聞だけではありません。CNNなども、トランプに「フェークニュース」と呼ばれても、事実を伝えています。

まだマスコミには底力があるのです。

僕は、主にスポーツを取材してきましたが、ニューヨークタイムズの新人記者はまずスポーツ部門に配属されます。

そこに人生が凝縮されているからです。

僕は、朝日新聞で長年、小論文の採点面接をしてきました。(やらされてきました)

マスコミ受験には、特に「書く力」が問われます。

門は狭いですが、今までの経験を生かして、スタートラインにつきたいと思う学生のアシストができれば、と思います。

(西村欣也氏・記)

■4月   添削回数・8回

■個別指導(オンライン)

■費用   スタート講座 月謝22000円(消費税込・教材費含)

■まずは、お問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

hrn-ssktsk

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次